Powered by Blogger.
 
2010年6月22日火曜日

七月一日(木)「美人寿司の夜 〜世界音楽篇1ノルウェー」のご案内



0701bijinzushi_omote
 
0701bijinzushi_ura
 

「早乙女の尻につかへる筑波哉」小林一茶

田植えをする女子のヒップと雄大な筑波富士の取り合わせは、先ほどののオランダ戦の敗退を吹き飛ばすようなスカッとした気概に満ちていますね。


先の週末、ストックホルムから帰国しましたならば、この東京のなんと蒸し暑いこと。彼の地では毎日のように入っていたサウナがそのまま関東平野の大きさで出現していた(想像してみましょう)、という感じに今、押しつぶされています。


そんな折も折、来る七月一日(木)に、「美人寿司の夜」を開催いたします。

音楽のある寿司屋をもくろんで、過去には蓄音機DJやコシミハルさん、雅楽などと組んで、こっくりと濃い夜をお届けしてきた「美人寿司の夜」シリーズが、装いも新たに、というか、青山の大注目ヴェニュー〈月見ル君想フ〉さんの肝いりにて、世界音楽篇1ノルウェとして登場。

今回、ご登場いただくのは、彼の地を本拠地に活動を続けている男女一組から成るユニット、SKIDI(スカイディー)。

北欧少数民族サーミの伝統的歌唱法、ヨイクの名歌手インガとミンガスばりのスタイルで聞かせるジャズベースのスタイナーのふたりが紡ぎだす音楽は、ちょっと、ジャコパス時代のジョ二・ミッチェルやビョークを思い起こさせるような、コンテンポラリーでいて神秘的な響きにみちています。いや、まさにノルウェイの森を彷彿させる静かなドープネスが音となって押し寄せてくるような素晴らしいものなのです。

彼らのライブはもちろんのこと、今回はちょいと私が女子アナになり、彼らの音楽と生活などを聞く、トークセッションもご用意いたしました。(私的にはサーミの発声法などを皆さんと一緒に習得できればなどど考えておる次第)

協和不協和寿司の会のメンバーである、権藤知彦(ユーフォニアム)、田中邦和(ベース)、一ノ瀬響(キーボード)などの名うてのミュージシャンたちの飛び入りセッションも予定されていてます。

もちろん、食欲の方もバッチリでして、今回はスカンジナビア食材輸入のパイオニア「KornBord」さん、瀬古酒造さんの多大なご協力のもと、ノルウェーサーモンやノルウェー食材を大胆に使った、新機軸の寿司と美味しい日本酒を召し上がっていただく所存なり。

これで、料金前売り予約4500円、当日5000円。

この夜はみな様にゆったり楽しんでいただくため、
先着定員制を取らせていただきますので、ぜひぜひ、お早めのご予約を!!
下記の予約フォームまたはお電話にてご応募くださいませ。

●予約フォーム(~6月29日24:00迄)
http://www.moonromantic.com/?cat=20
●電話予約
03-5474-8137(16:00 ~ 21:00)

ではでは、
当日お会いできることを心から楽しみにしております。

湯山玲子a.k.a.美人寿司

ps
しかし、スウェーデン行きといい、今回のノルウェーといい、異様に北欧に縁がある2010夏になったのが不思議(twitter風に)

=============================
美人寿司の夜 ~世界音楽編~
第一回目「ノルウェーの森、そして海」
(詳細はコチラ)
http://www.moonromantic.com/?p=2555
----------------------------------------------------------
【出演者たち】
SKIAIDI
美人寿司
ノルウェーサーモンとローカルプロダクツを使った寿司三昧
セッションゲストミュージシャン(権藤知彦、田中邦和、一 ノ瀬響)
「KornBord」さんの北欧食材マーケット&試食
瀬古酒造〈忍者〉の日本酒

【日時】
開場:18:30/開演:19:30

【会場】
「青山 月見ル君想フ」
住所:東京都港区南青山 4-9-1 B1F
地図:http://www.moonromantic.com/?cat=6
電話:03-5474-8115

【料金】
前売:4,500円/当日:5,000円 (+1D 500円)
=============================
◆ 美人寿司とは……
 著作『女ひとり寿司』の脱稿間際、とある友人の出版記念パーティーで自慢料
理を提供しようと思っていた矢先、「ユヤマ、寿司の本書いているんだったら、
握ってみてよ」という冗談を真に受けて2004年にスタート。
 白装束の男の美学の真逆。フリソデ姿と高島田というデコラ着物スタイルに
て、寿司を握るパフォーマンスを行い、内外問わずのパーティー、お集りにお声
をかけていただいている。ふざけたルックスに対して、寿司はなかなかの本格
派。酢飯の酢は江戸時代に使われていた赤酢を使用、築地場内に買い付けにい
き、ハイクラスのまぐろはもとより、旬の珍しい魚介が選ばれていく。(秋のい
くら、夏はたこのたまごの海藤花、沢ガニの素上げなど)
 海外公演?にも積極的で、2004年にボローニァ、2005年にモスクワ、2007年に
はベルリンのコムデギャルソン・ゲリラショップで寿司を握っている。


 
湯山玲子公式サイト © 2011 DheTemplate.com & Main Blogger . Supported by Makeityourring Diamond Engagement Rings