Powered by Blogger.
 
2012年1月26日木曜日

爆クラ⑨「美男クラシック」ゲストの小田島久恵さんと語るソレとかアレ


201007142244280a2
ミケランジェロに暗く惹かれし少年期 肉にひそまるる修羅まだ知らず
        春日井健

爆音で聴くクラシックこと「爆クラ」は、本年度、ほぼ月イチで開催して行きますので、今年もどうぞ、ご贔屓によろしくお願いいたします。

さて、爆クラの仕事始めは、2月15日(水)。年頭早々、かなり過激なプログラムを組ませていただきました。

そう、題して「美男クラシック」。やっちまったナー(by クールポコ。ちと古いか)という特集ですが(春日井健の短歌の意味が分かっていただけましたでしょうか)、爆クラはあくまで音が基本。

およそ、美男と言う言葉が意味する情感、質感、触感、シズル感すべてを、クラシック音楽とその作曲家、 演奏家の中から抽出。顔だけでなく、いや顔も含めて、 その馥郁たる香りを味わい尽くすという官能の一夜、でございます。

 と、こういう見立ては、それなりの通人のセレクターとトークが必定!   と言うわけで、ゲストには、ロッキングオン、スタジオボイスで健筆をふるい、この数年、オペラを中心にクラシック分野に進出し、この度「オペラティック!  女子的オペラ鑑賞のススメ」を上梓する小田島久恵さん。

ファッションとロックを小気味よく横断しつつチャーミングな文体は私もファンだったのですが、こういう女性が目利きになってくると、よりクラシックの魅力が多面的に伝えられることとなるので、業界も数倍楽しくなる。

さて、「美男クラシック」ですが小田島女史によると、「クラシック業界に美男が多いのは、ナルシズムが必要な究極の自己鍛錬の世界だからです」だそう。「デリカシー、美意識、バランス感覚・・・、クラシックの世界に生きていると必然的に”美”について考える頻度が増え、平均的な男脳を越えた”美”脳になるんですよっ」と、何だか、イメトレっぽくもなってきちゃった。
 ●参考資料



パツキン、16歳のポーランド人美少年ピアニスト、ヤン・リシエツキ。アンタ、この顔でショパンを弾かれた日にゃ・・・・。(ビアノ界代表)




↑コッテリ美男。ヨナス・カウフマン。「トスカ〜 Recondita armonia」典型的なテノール
顔。(オペラ界代表)



↑男も女も両方イケます。御大レナード・バーンスタイン。「ラブソティーインブルー」(でも、このクラリネット、よくスィングするなぁ)(老けセン界代表)

タイトルコンセプトを電話で伝えた瞬間、もはや「山」「川」ってなもので、何のすり合わせも必要なし。皆さんご納得のセレクトと、小田島、湯山のワンアンドオンリーなマニア好みの双方にて、ガンガンに攻めていきます。男好きの女性の方はもちろんのこと、男好きの男性の方、腐女子、老けセン、見立て好き、嘆美派の皆様、是非、クラシック界の”美男”たちと、バーチャルデートして見ませんか?

 教養としてのクラシックではなく、ドミューンに親しんだクラブ耳を持つ人にこそ体験してほしい、この爆音音浴。生演奏がデフォルトだけれど、録音とオーディオという現代のテクノが入ってこその、音と脳と身体とのセッションを堪能して下さい。
***************************************************************************
Yuyama Reiko presents
爆クラ 第9夜 「美男クラシック」
ゲスト:小田島久恵
2月15日(水)
door open 19:15
start 20:00
 音楽実験室 新世界【六本木通り沿い。西麻布と六本木の間、ディスコa-lifeの並び】
 料金;¥2,000+ドリンクオーダー
¥1,000+ドリンクオーダー(学割)
 予約をぜひ!
 
湯山玲子公式サイト © 2011 DheTemplate.com & Main Blogger . Supported by Makeityourring Diamond Engagement Rings