Powered by Blogger.
 
2017年9月14日木曜日

『男をこじらせる前に 男がリアルにツラい時代の処方箋』が文庫本になりました!

著作としては初めての男性論である
『男をこじらせる前に 男がリアルにツラい時代の処方箋』を角川書店から出しました。

働くことが当たり前になったり、内なる性欲を肯定できるようになったり、と女性はこの10年の間に変化を遂げてきましたが、実はそれ以上の大変革は男性の方に起こっているのではないか?! というのが、この本を書いた動機です。

それなのに、その変化の真相を受け止められず「無いこと」にしている男性の何と多いこと。モテやビジネス本などの対処療法では、そもそも対応することが出来ない男性の状態と環境をひもとき、分析し、おまけに、「こうやったら、より良く生きていけそう」という私なりの回答を、お節介ながら付けてもみた本です。

                                                                         
目次の一部をご紹介します。
●男の「競争」意識はシンデレラコンプレックスよりもタチが悪い
●高齢化で元気が良い母親の無意識の欲望は息子の恋人化(ゆくゆくは愛の名の下の介護)
●「組織のらち外の男は真っ当ではない」という呪い
●男は未だに感情を「無いこと」にして生きている
●「ニッポン男子in外国」は内に漱石を抱えて生きている
●男はひとりの坂本龍一がいればいいという子どもを産みたい女の本音
●マザコン上等で生きるやり方
●おぎやはぎに見るモテ
●四谷怪談、忠臣蔵に看破されていた、集団主義の快楽と安心・・・・・。

男性だけでなく、女性にも読んでいただきたい力作でもあり、そして、この本、よくある女性著者の「だから、男はダメなんだ」系の叱咤激励、単なる社会学的な問題提起の本でもないので、「男がダメなのはわかっているから、これ以上オンナな何か言われるのは嫌だ」と毛嫌いしないで、男性のみなさま、読んでみて下さいな。

本の注文はコチラからどうぞ!

『男をこじらせる前に 男がリアルにツラい時代の処方箋』

文庫版
『男をこじらせる前に』

本の注文はコチラからどうぞ!
 
湯山玲子公式サイト © 2011 DheTemplate.com & Main Blogger . Supported by Makeityourring Diamond Engagement Rings