Powered by Blogger.
 
2016年11月19日土曜日

2016年11月19日


さて、爆クラ! 第57夜は『万国博覧会とクラシック』。1970年の大阪万博は、現代音楽がエレクトロ・サウンドと出会い、刺激的な作品が矢継ぎ早に発表された時代と重なり、各企業のパピリオンは、現代音楽作家の新作てんこもり状態。

伊福部昭はもとより、武満徹に黛敏郎、シュトックハウゼンという現代音楽の大物が楽曲を提供し、とんでもないことになっていたのでした。

むろん、パリ万博とドビュッシーなんぞの関係をも触れつつ、ゲストは、映画『シン・ゴジラ』のサントラの音楽解説で健筆をふるっておられた、ライター、映像音楽研究家の早川優さん。

万博ファンの文化系の方々のご来場をお待ちしています。
 
湯山玲子公式サイト © 2011 DheTemplate.com & Main Blogger . Supported by Makeityourring Diamond Engagement Rings