Powered by Blogger.
 
2017年1月3日火曜日

2017年1月3日

上海2日目報告第2弾。そんなわけで、毎回ぬかりなく攻めている、上海ディナーは、前回、ひとりで行ったんで、あんまり種類が食べられなくて苦い思いをした、上海料理の名店「老吉士」へ。またも、門井夫婦をお誘いして、21時にやっと予約がとれたのです。
上海料理の特徴は、醤油と砂糖使いの濃厚味付け、つまり甘辛が基本と言われていまして(メニューでは紅焼と表します)、確かにここの名物、豚の角煮の煮込みなどはそういうルックス。確かに街場の料理はその体なのですが、この店のそれは、の甘辛がちゃんと下支えとなって、素材の味を広げているという構造が見えるのですよ。甘辛=しつこくてくどい、のではなく、甘辛=通奏低音という感じ。日本の伝統食にも甘辛はあれますが、それはご飯のおかずとしての味付け。対して、上海料理のそれは、そうではなく素材の味とマッチさせる独立した調味方法なのです。
で、豚だけではなく、すっぽんでこの紅焼にトライしたら、これがまた滋味。ていうか、残ったヤツを包んでもらって今、朝ご飯に食べてます。スッポンの紅焼、冷めてもおいしいってね。いや、これ私が大好きな煮こごり風。そう、結構生姜がきいているのだ。
この店の前には、おしゃれかつ本格的なワインバーがあって、そこでワインを飲みながら、この店の出前を取るということがグルメの間ではやっているというのですが、隣のテーブルの男女グルーブはワインを持ち込んでわいわいやってましたね。(様子を見ていると、持ち込んだ女子がなんだかうんちくを述べていたので、たぶんそれなりのワインでしょう)
洋服の店員をやってそうなごく普通の若者たちが、そういう楽しみ方を日常化しているところが、上海の凄いところです。
(ちなみに、ここのウェイターたち、みんなシュッとして美形揃い。おまけに、制服がホタンダウンにVセーターというアイビー系。このセンスってもしかして・・・・・。オーナーがアチラの組合の方々ではないかと妄想)

  

  

 
湯山玲子公式サイト © 2011 DheTemplate.com & Main Blogger . Supported by Makeityourring Diamond Engagement Rings