Powered by Blogger.
 
2017年1月3日火曜日

2017年1月3日2


もう帰国して、明日朝の名古屋テレビレギュラー「ドデスカ」のためにすでに名古屋入り。で、上海報告の続きで3日目報告なり。

3日目は朝から昨日の「老吉士」のお持ち帰り、すっぽんの紅焼を堪能。ものすごいゼラチン質。で、冷めるとその味付けの塩味低めの繊細さがわかります。で、昨日門井ちゃんから教わった、上海の今一番ホットな場所、つまりウラ原宿ならず、ウラ上海である武康路を見学。

さすがに連休の最終日なので人がいっぱい。そして、きっとあるだろうなあ、と想像したように、プルーボトル系の進化シアトル系本格コーヒースタンドが、しっかりとありまして、しかもそれが上海租界のシックな町並みによく合うのです。(行列は凄いんだけどさ)


湯山のカフェ動体視力に引っかかったのは「ジャスミン」というカフェ&ワインの店。ここは完成度高かったですね。天窓が開いていて、家具調度のアンティック具合がバッチリで、その昔のおパリはモンマルトルの藤田嗣治の家っぽい。(ホントか?)アーティチョークと牛肉のサラダで体重管理。

で、夜はまたも蟹の「新光酒店」に今度はひとりで食べに行きましたよ。ええ、どうしても一昨日の「蟹みそと銀皮(春雨の板状のヤツ)炒め」が忘れられなくてさぁ!!

このメニュー、昨日の「老吉士」でも出たのだけれど、はっきり言ってここのは桁違いの旨さ。中華料理のひとり飯は残念なことだらけなのですが、今回は違う。そうよ、てんこ盛りの一皿一万円をだね、ひとりで食べ尽くすことができる快楽。(バカですな)

谷崎潤一郎の小説に、ひとりの食い道楽が目隠しをして究極の中華料理を食べるシーンの例のあの描写、「美女の細い指が口の中に入って、口腔内の粘膜ををなでまわすがごとし」っていう下りを思いだしちゃった。官能的な粘り気に蟹の美味が入り込んでいく激ヤバ美食であります。

店員さんたちともガッツリ仲良くなり、wechat(中国のlineです)でつながっちゃったので、いつでも、席を用意してくれるっさ。

で、その官能に追い打ちをかけるように、オイルマッサージを「香扇閣」で。マッサージ嬢のすすめで、ジンジャーバックを背中一面にやってもらったのですが、これがまた、刺激が心地よく、いわば、団鬼六作品の静子夫人状態で、Mっ気を大いに引き出された次第。

実はここ、ふたりのマッサージ嬢による、フォーハンドマッサージという究極のヤツがありまして、次回は蟹みそ銀皮とフォーハンドで昇天するぞ!

 

 



 
湯山玲子公式サイト © 2011 DheTemplate.com & Main Blogger . Supported by Makeityourring Diamond Engagement Rings