Powered by Blogger.
 
2017年1月4日水曜日

2017年1月4日


上海4日目報告。ホテルから地下鉄の駅の途中、静安寺公園の入り口広場で、ハーモニカの4重奏をやっていました。一版右端の人がレゲエのギターカッティングのようなリズムを刻んでいるのが面白い、この感覚は韓国のボンチャックのキーボード演奏にも通じます。

ランチは外灘にある雲南料理の有名店「Lost Horisen」に。でですね。ここでの私は痛恨のミスをしでかしたのです。二皿しかオーダーできないことが、ひとり中華の重要ポイントなのですが、あえて選んだうちのメインが大失敗。

何をオーダーしたのかと言えば「雲南松露入り卵蒸し」。あえて言うならば、雲南風の松茸の茶碗蒸し、ってとこ。雲南松露すなわちトリュフの一品を選んだのは、前日の「蟹みそ銀皮炒め」のセンを狙い、トップオフザトップスを目論んだが故。しかし、まったくトリュフの香気が感じられないという残念な結果になっちゃった。もう一品の雲南風豆ゼリーの前菜は、非常においしかったんですけどね。


その後、歩いて豫園に行き、名物「南翔饅頭店」でお約束の小籠包とプーアル茶。ここのは皮がしっかりとしていて旨いんだよね。

でもって、北京西路の「感智盲人按摩養生堂」で、盲人によるマッサージ体験。なぜなら、2/1に敬愛するロウ・イエ監督の「ブラインド・マッサージ」におけるトークを宮台真司さんと行うからなのです。なんて、勉強熱心な私だ。

そして、暗い個室施術室に通されて受けた、ブラインド・マッサージはというと、これこそが別格。指が肩の僧帽筋の筋の一つ一つをつかんで、細かく解きほぐしていく手つきが本当に凄くて、自分の身体の筋肉がまるで人体解剖筋肉図のように浮かび上がってくるイメージ、なのですよ。ツボへの圧と力点のとらえ方も全く迷いがない。彼が手で受けとっている情報は莫大なはずで、中国語がしゃべれたらインタビューしたいと重ね重ね思いましたよ。

富民路のcutting edgeなセレクトショップ「棟梁」に行き、初日に迷って冷却期間をおいた、フルレングスのダウンコートをやっぱり購入することに。写真は店員のひとりの美人ちゃん。ヘアカットが秀逸。

夜は、ゆらいさんと連絡が取れたので、彼女のリコメンにて四川料理の「品川」に。彼女元エイベックスの上海支局でその辣腕を振るい、現在は独立して、中国のアーティストマネージメントの先駆的存在として活躍中の才女。SMAPの中国公演の裏方のひとりとしても大活躍した方。

オーダーは、中国式オイルフォンデューともいえる一品と、麻婆豆腐、レンコンの餅米入り蒸し、セロリとキクラゲの炒め。オイルフォンデューは、唐辛子の香りが効いて、ペペロンチーノと近似値の旨さ。

その後、ワインバーでおしゃべり。この4日間で感じた上海文化の疑問を彼女にインタビュー。ゆらいさんの名答によって、私の中国理解はより深く進むのでした。

 

 

 
湯山玲子公式サイト © 2011 DheTemplate.com & Main Blogger . Supported by Makeityourring Diamond Engagement Rings