Powered by Blogger.
 
2017年6月10日土曜日

2017年6月10日1


MXテレビ金曜21時〜『ばらいろダンディー』のレギュラーをしていますが、これ、毎回ゲストをお迎えするという趣向で、今回は「探偵ナイトスクープ」でお馴染みの越前屋俵太さん。

でですね。この方、ホントに凄かった。いろんな番組でお笑いの才能に出合いますがもう別格。口から出てくる全ての言葉が全て、笑いに通じ、しかもそれが即答の妙から、ネタ的な話題から様々なレイヤーがあるという超絶技巧の持ち主でした。

私的にツボだったのは、「岡山県の街の銅像に最近、洋服を着せるいたずらが流行っている」という話題の時。皆が賛成か反対かで反対ボードを掲げて、最後のトーカーで反対票を投じた俵太氏が放ったのは、「丸山圭子の仕業でしょう。どうぞ、このまま、って」だとさ!!! どうぞ(銅像)このまま。わははははは。

思わず、原曲を知る水道橋博士と私は歌っちゃいましたけどね。 「どうぞ〜、このまま〜」って。いやはやここだけ抜くとただのだじゃれなんですが、その「置き方」が話の流れの中で意表をついており、まさかの瞬殺一撃でした。

すでにレギュラー陣がいる中で、アウェイで入って、その場のビートを決定してしまうその才能に脱帽。大阪で有名な人ですが、その笑いは決して大阪的なものではないのです。シティポッブリバイバルで知る人ぞ知る存在になっている丸山圭子のひっばりだし方は、「深読みに行って笑う」モンティバイソン感もある。

経歴を見ると、現在は書家としての活動を続けているほか、ユニバーサル・マーケティング・デザイン株式会社の代表取締役社長と関西大学総合情報学部の客員教授を兼任している、とのこと。
長らく越前屋俵太としての活動は事実上休止状態となっていたとあるが、なんでだ?????

俵太氏をメイン司会に据えた番組を観てみたい。



 
湯山玲子公式サイト © 2011 DheTemplate.com & Main Blogger . Supported by Makeityourring Diamond Engagement Rings