Powered by Blogger.
 
2017年7月31日月曜日

2017年7月31日

ザルツブルグ音楽祭のラス日公演は、コンサート形式で行う、モンテヴェルディ作のオペラ・セリアの名作『ポッペアの戴冠』。そう、古楽器を使った小オーケストラによる、バロック・オペラというヤツです。

指揮はイギリス人ながらイタリアに惹かれ(アングロサクソンとゲルマンは常にラテンに憧れるの図)、モンテベルディにハマったこの道の達人、ジョン・エリオット・ガーディナー。そして、バックを固めるのは、イングリッシュ・バロック・ソリスツとモンテヴェルディ合唱団という布陣。

1日目のモーツァルトの『皇帝ティートの慈悲』と同じくオペラ・セリアなので、男性役はアルトの女性、と思いきや、ここはクラシック声楽の注目ジャンルになって久しい、カウンターテナーの嵐。特に皇帝ネロを演じた、韓国人のカンミン・ジャスティン・キムにはびっくり。声質としては、ネロにポッペアを寝取られるオットのMichal Czerniawski(読み方が不明)の方がカウンター特有のデカダンス美があって好きなのですが、カンミンのそれは、パワーとテク、高音、低音の響かせ方が圧倒的。

いやー、日本のポップス界では、韓国人の歌の上手さはつとに有名ですが、それに通じる引きの強さが彼にはありましたね。タイトルロールとしては、舞台を制する度胸も抜群。

テレビ朝日の『題名のない音楽会』でご一緒した、鈴木優人さんのバッハコレギウムジャパンでも活躍するハナ・ブラジコヴァは、バロック声楽界でつとに有名な人ですが、悪い女の代表、ポッペアをその清元のような美声でいけしゃあしゃあと表現するその様子がナイス。

オットの愛人の侍女、ドゥルジッラ役のソプラノ、アンナ・デニス。この人は芝居っけがある人で、そういえば、シェークスピアとモンテベルディは同時代の人間。しかし、この人、存在感が舞台での高畑淳子さんにとっても似ているんだよね。

そういえば、今回体験したコンサート、ウィーンフィルを除いては全てが古楽器が用いられていました。ラロックダンデロンビアノフェスでも、チェンパロが堂々、プログラムに食い込んでいたし、バロックの響きは、実は現代人の耳に非常にフィットするのかも。そう、エンヤとかペンタングル、ポール・マッカートニの一部とか、ケルティックポップスとも通じる世界が古楽にはあるのです。

 

 
湯山玲子公式サイト © 2011 DheTemplate.com & Main Blogger . Supported by Makeityourring Diamond Engagement Rings