Powered by Blogger.
 
2017年9月23日土曜日

2017年9月23日

拙書『男をこじらせる前に』がこの夏、文庫化されました〜。
思えば、初出から現在の間に、女の方は大暴れ。小池百合子は凄腕の喧嘩師ぶりを見せつけ、松居一代の鉄砲玉ぶり、豊田議員のバイオレンス上等と完全にいい意味でも悪い意味でもの「男らしさ」が完全に女性ジャンルになってしまっい、男たちの「男からの逃避」はより色濃くなっているきょ今日この頃。
いわゆる、オヤジを嫌う文化系男子というというのは、本当に多くて、それは一見、同じくオヤジを嫌う女性と共闘できそうですが、「実は、そう思っているのは、当人だけで実は違うんだよなあ」というもうもう一段階のシビアな現実分析をも、この本は書いているので、そのあたり、武田砂鉄さんのあとがきも含めて、お楽しみいただければ幸いです。
でですね。文庫化に際しまして、なんと大阪のロフトプラスワンwestがトークショーを企画してくれました。
日時は10月8日(日)前売り ¥2,500 / 当日 ¥2,800(飲食代別)※要1オーダー¥500以上
■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002238584P0030001
ロフトプラスワンウエスト電話→0662115592(16~24時)
トークのお相手はなんと越前屋俵太さん!!!!!
関西発信の伝説の番組、面白い物や事は街にあるという「探偵ナイトスクープ」の企画者であり出演者でもある俵太さん。出会いは私がレギュラー出演しているmxテレビの「バラいろダンディ」でした。いろんなゲストさんがいらっしゃる中、その佇まいと確実に笑いに落とす腕前は突出しており、ぶったまげたのですが、彼の半自伝を読み、その筋金入りの自立感にさらにびっくり。
権力に所属する、ということが、どれだけ世代を超えて男性の生き方を支配しているかというのは、如何ともしがたい事実なのですが、そういう能力に十分に恵まれながらも、ソレをしない彼、というものに興味津々なのです。
SNSというスーパーフラットなメディアが生活の中に浸透している今、「男はどう生きればいいのか」を、越前屋俵太という頭脳とセンスはどうこたえ答えてくれるのか?!!
関西の皆さん、いや、東京の皆さんもぜひ、お運びあれ!!!
 
湯山玲子公式サイト © 2011 DheTemplate.com & Main Blogger . Supported by Makeityourring Diamond Engagement Rings