Powered by Blogger.
 
2017年10月9日月曜日

2017年10月9日


越前屋俵太氏にご案内される、ディープ京都グルメツアーは新幹線のあっち側。駅でいうと、四条大宮に近いところにあるその名も「壺味」というお店は、たこ焼きの赤提灯が目印のように、お好み焼きなどの粉物のお店。店の様子は、立ち飲み場所が路上にはみ出しているタイプであり、店内は「古びているが道具が効率よく収まっている雑然さ」というローコスト名店に共通のルックス。

粉物の味を決定するのは、何と言っても生地なのですが、この店のソレは特徴的。といいますか、どちらかというとガレットとかクレープに振った方がいいような、滑らかさと自然の甘さがあるのです。そこに、明太子、タコブツなどの具の一点を入れていくのですが、その口どけはチーズフォンデュを彷彿。生地の味を堪能したくて、チーズ入りをオーダーしてみると大当たり。この旨味を閉じ込めた薄味のネットリ系は、白味噌仕立てに通じる京都の味のセンスなんですよ。

てんこ盛りのネギを焼いた生地で囲って蒸し焼きにする、というお驚きの手法で手がけたネギ筋焼きも含め、ついつい、味覚はブルゴーニュ地方に飛ばされてしまうのですが、目を開けるとそこはディープ京都というこのギャップ。

ソースの味が強烈で、せっかくの生地の味を抹殺している感じがしたので、お土産はそれらを抜いてもらったネギ焼きにしたのですが、正解でしたね。胡椒を含め、コレ絶対にあう合うスパイスがあると思うので、今度自宅から持参でこっそり試してみよう。

昭和風おでん屋を経て、三件目の菊屋町のロックバー「ROCK STOCK」もすごかった。美容師でもあるオーナーが自宅のガレージを改装して作っちゃったお店は、ウーハー低音抜群の部室みたいな雰囲気。トイレに飾ってあるコンサートチケットはオーナーのロック史そのものであり、ジェスロ・タルやレーナード・スキナードの半券にお思わず涙。

京都、隠し持っている宝が多すぎるぜ。

 
 
 
湯山玲子公式サイト © 2011 DheTemplate.com & Main Blogger . Supported by Makeityourring Diamond Engagement Rings