Powered by Blogger.
 
2017年11月29日水曜日

2017年11月29日

フィリップ・ジョルダンPhilippe Jordan指揮、ウィーン交響楽団@横浜みなとみらいホールに行ってきました。演目は、ベートーヴェンの『運命』とマーラーの『巨人』という、まさに牛肉どまん中(駅弁界の名作ね)な演目。

でどうだったかと言いますと、スゲー上物、だったんですよ。とにかくものすごく意識が細かくて、交響曲の「音響」をこれだけ繊細にチューニングしつつ、その一方でカタルシスを堂々と用意するその腕前にガッツリ心を掴まれました。

特にベートーヴェンの「運命」の2と3.4楽章は、ヤられましたね。ベートーヴェンの楽曲の特徴として、雄々しいツッパリの後に弱くてデリケートな感情部分がむき出しになるところがあり、私はいつもこの曲に関してその加減を味わうのですが、そこんところがこのフィリップ君、本当にカッコいい。「粋」というか、センスがいい。

私はクラブカルチャー経由のクラシックファンですが、この人ほど、一流DJ卓のツマミ操作を思い起こさせる人は今までいなかったかも。なので、マーラーの『巨人』は推して知るべし。例の有名な「森のカッコー」擬音あり、の第1楽章は、まさに、アンピエントの雄、クリスチャン・ボーゲルCristian Vogelの境地と一心同体。不意に入る木管、空気のざわめきのような弦など、とにかく、自然とはこうあるべしというバランスの良さ。バランスの良さをもうちょっと詳しくいうと、「音楽が意図したものではなく、そこに普通に在ったかのように聴こえる」という境地。そう、世の中の音響ファンは、フィリップ・ジョルダンのマーラーを追っかけてほしいものです。

同じ指揮者でも、散々お付き合いしたアンドレア・バッディストーニが楽曲を自分の中に取り込んで咀嚼し、消化した上で「俺様」を乗っけて表現するのと違い、フィリップ・ジョルダンは、曲を「食らって」はいないんですね。曲の隣にいて曲を彫り出す、というか、大きな箱庭を作っているという感じ。そのマニュピレイト感は、また、DJの手つきに似ているんですよ。

今、大注目の指揮者、クルレンティスとフィリップ・ジョルダン、両方を生で体験して、両者持ち味は違えども、交響曲をひとつの「音響」ととらえ、響きのツボを展開していくミキサー的耳の良さ(クルレンティスの古楽アプローチは、巷のアナログ版復権とシンクロだし)は似ているなあ、と思った次第。

楽屋でご本人とパチリ。ロンドンのゴードンラムゼイでビジネスランチしていそうなエリート美男である。

Read more...
2017年11月15日水曜日

2017年11月15日


菊池成孔ワークスの中で、私が最も好きなのが、ぺぺ・トルメント・アスカラールという、オルケスタなのですが、その12/1,2の公演にちなんでの対談をCINRAで決行。

そーなのよ。サブカルがいつの間にか、アニメとアイドルとゲームの代名詞になり、童貞力や中二病やこじらせ気質が文化系の旗印になってしまった現在(いや、日本のそれらは昔からずーっと、そうだったのかも・・・)、菊池さんや私はもはや絶滅危惧種ww。

なぜ、私達がそっちに入らなかったのか? という理由は、だったひとつ。ふたりとも「心身ともに体力と筋力があったから」だと私は思っているんですよねえ。(両者、ヨーロッバ好きだし)

「恋愛(性愛)」を音楽に置換すると、まんま、ぺぺのサウンドになる、と私は確信していまして、なので、出会い系で知り合ってまだおっかなびっくりのカップルは、是非、足を運んで、関係をコンクに煮詰めて下さいまし。。

そう、ぺぺか、リヒャルト・シュトラウス。こういう感じは・・・。


https://www.cinra.net/interview/201711-kikuchiyuyama
Read more...

CINRA.NETにて記事掲載

なぜ自死した?美人作家ネリー・アルカンの苦悩に湯山玲子が迫る
と題した記事が掲載されています。

記事はコチラから


菊地成孔×湯山玲子対談 「文化系パリピ」のススメ
と題した記事が掲載されています。

記事はコチラから
Read more...
2017年11月5日日曜日

2017年11月5日


明日月曜夜の、爆クラ! 「テリー・ライリーに音楽めちゃぶつけ」のために、絶賛選曲中のわたくし。

「ミニマルの父」と呼ばれるテリー・ライリーですが、同じく現代音楽の併走者、シュトックハウゼン、ジョン・ケージに比べ、ループの快感原則、すなわち感覚マヒとトランスに真っ向照準を合わせており、つまり、DJ/クラブミュージックにとっても偉大な「父」なのですよ。

「サウンドに身を浸して、サウンドと自己が溶け出し、自己を乗り越えてしまう」とは、テリーの音楽の特徴ですが、実はこれ、クラシック音楽の真骨頂だったりもするんですね。(特に交響曲)

モーツァルトのピアノソナタ#13k333、アルヴォ・ベルト、アーサー・ラッゼル、竹のガムラン・ジェゴク、リスト、ホーハイ節、一中節、坂本龍一、マーティン・デニー、ヌスラット・ファテ・アリハーン、ストラヴィンスキー、ディグラン・ハマシアン、ビートルズ、トッド・ラングレン、タンジェリン・ドリームなどなど。

選曲アイディア、募集中。

で、月曜日の夜は爆クラ! にどーぞ。「めちゃぶつけ」バターンは図らずも、音楽家の耳、センスが浮き彫りになること必須なので、要チェックです。
Read more...
2017年11月2日木曜日

2017年11月2日


テレビ東京「主治医が見つかる診療所」19:58〜、出演しています。腸内ヤセ菌!!! というものが存在していることを知って驚愕。フードファイターたちの腸は、それらが大量にいるらしいのですが、それらを増やす食べ物なんぞの役立ち情報満載です。
実際、収録後のわたくしの冷蔵庫はソレばっかり。ヒント、おろしと汁!!!

http://www.tv-tokyo.co.jp/shujii/
Read more...
2017年11月1日水曜日

ニッポン放送「土屋礼央 レオなるど」出演!

ニッポン放送 13:00~16:30放送 「土屋礼央 レオなるど」に水曜コメンテーターとして出演中です。
Read more...

11/06(月)爆クラ! 第64夜 『テリー・ライリーに、音楽めちゃぶつけ!』

爆クラ! 第64夜 『テリー・ライリーに、音楽めちゃぶつけ!』

現代音楽、ミニマルの巨匠、テリー・ライリー、爆クラ! に急遽、登場!!! もう、何も言うことはありません。スティーヴ・ライヒ、フィリップ・グラスと並ぶミニマルミュージックの代表的作曲家であるライリー氏、爆クラ! 初登場です。

そもそも、爆クラ! のコンセプトのひとつが、「クラブ耳(クラブでの音質、音圧、音楽センスに慣れた耳)に届くクラシック音楽」というものだったわけでして、ライリー氏の音楽は、代表作『In C』でお分かりのように、「音楽は、そう思われているように、メロディーと和声ありき、じゃないのですよ」ということを、それを耳にした人々に、最速アンド最強度にてわからせてくれる凄さがあるのです。

参考資料↓
『In C』
https://m.youtube.com/watch?v=yNi0bukYRnA


12平均律の長調と単調のたった二つの旋法を元に楽曲の宇宙を構築していった西欧クラシック音楽に対して、ラーガという3万4千以上もある旋法を持つインド音楽に学生時代にハマり、自らのスタイルを確立していったライリー氏。民俗音楽はもとより、彼の耳に音楽の森羅万丈をぶつけさせていただいて、その「耳」が何を感じ取っていくのか? を探っていくという刺激的な一夜。

作曲家の中で、未だに別格の存在であり続けるモーツァルトなどのクラシックはもとより、ライリー氏らが産み出したミニマルをクラブという場の要請に合わせて「体感」という魅力を強調する形で発展させていった先のトランスやテクノ、エリック・サティに始まった環境としての音楽、人間のもっとも根源的な音楽発生装置としての「声」、音楽を牛耳る楽器である「ピアノ」という楽器について、などなど。

そう、この「リスニング実験」は実は「爆クラ!」 の十八番なのですが、今回こそはその白眉。「音楽というものは、一体何なのか?」「なぜ、私たちは音楽に惹かれるのか?」「どういった音楽が人の心をつかむのか?」という文化の大問題が彼の言葉によって、浮き彫りになっていくのではないでしょうか。

日程は、来たる11月6日(月)。ジェフ・ミルズ、ファナ・モリーナという稀代の才能たちと絡む、驚くべき公演で来日するライリー氏の、貴重なレクチャーミーティングになること必須なので、ぜひにお運びを!

直前告知になってしまったので、皆さま、シェア、お願します。そして、「めちゃぶつけ」の曲に関して、もし、アイディアがありましたら、ぜひ、ここに投稿してくださいまし。

湯山玲子



爆クラ! 第64夜 『テリー・ライリーに、音楽めちゃぶつけ!』

11月6日( 月)

door open 19;15
start 20:00

場所: 晴れたら空に豆まいて【東急東横線代官山駅正面口徒歩2分/東京都渋谷区代官山町20-20 モンシェリー代官山B2 T. 03 5456 8880 F. 03 5456 8881】


http://mameromantic.com/?cat=6

前売り 4000円 / 当日 4500円 + 1D 600円
学生 前売り 2000円 / 学生 当日 2500円 +1D 600円

■ 入場は整理番号順
■ 要別途1ドリンク代金600円
■ 会場は畳敷き(椅子席あり)

メールでのご予約
電話でのご予約

予約はこちらから
http://mameromantic.com/?p=54535

爆クラ! HP
http://bakucla.oops.jp/main/?page_id=2

ゲスト
テリー・ライリー
1935年、カリフォルニア州コルファックスに生まれる。サンフランシスコ州立大学とサンフランシスコ音楽学校を卒業後、インド古典声楽の巨匠パンディット・プラン・ナートに師事。スティーヴ・ライヒやラ・モンテ・ヤングとも交流しながら、即興演奏とミニマリズムを基調とする独自の音楽性を創り上げていく。「ミニマル音楽の父」とも呼ばれる存在。現代音楽分野だけでなく、ザ・フー、ソフトマシーン、タンジェリン・ドリームなどのロックバンド、クラブDJ/プロデューサーたちにも大きな影響を与えた。








Read more...
 
湯山玲子公式サイト © 2011 DheTemplate.com & Main Blogger . Supported by Makeityourring Diamond Engagement Rings