Powered by Blogger.
 
2017年12月4日月曜日

2017年12月4日1

先々週週末の「渚ようこリサイタル」についても書いとかなくちゃ。場所は新宿御苑にある四ツ谷区民ホール。昭和歌謡をきちんとサブカルチャーとして伝承しようとしている渚さん。クレイジーケンバンドや、桑田佳祐などがエッセンスとして重用しているそのセンスを、発声から、衣装、メイク、プログラムまで現代に召喚しているのは、ホント渚さんだけ。

昭和歌謡曲には、私の世代までが、実体験としてある「貧乏で野蛮だった頃のニッポン」のクサさがあるのですが、渚さん、そのあたりまでも表現の射程距離に置いていて、その演出力が素晴らしい。

以前、閉館前のコマ劇場でのリサイタルを拝見してから時間が立っていますが、その後の試行錯誤を経て、今や、今後このスタイルでずっとやっていけるという完璧なオリジナルスタイルが出来上がっていたことに脱帽。

ただのノスタルジックではなく、彼女の歌の間に登場するミュージシャンのまあ、凄かったこと。まずは、三上寛さん。フォークシンガーなれど、過去に山下洋輔さんや大友良英さんとのセッションを行なっているように、形式ではないアヴァンギャルドモードを追求し続けてる彼の音楽性は、もはや芸能の枠組みなんかではないんですよ。ホントこの人、先日来日していた、ファナ・モリーナなんぞに近い人。

でですね。思わずCDを会場で買って、サインまでもらってしまったのが、三輪二郎という若きブルースシンガー。古く大木トオル、憂歌団、吾妻光良とスウィンギンパッパーズという「ブルースの日本人血肉化」問題を知っている私ですが、もうこの若者にとってそんなことは自明の理。

ソリッドな言葉のリズム乗せ、巧みなギターバッキングなどのテクの確かさにも舌を巻きましたが、全体的に日本の演歌=ブルース的な情と湿り気と無縁な、乾いた諦観みたいな独特のダークな雰囲気がたまらないんですわ。

もうね。わたくし三輪二郎、追っかける所存。

打ち上げにちょろっと顔を出して、敬愛する、坂本慎太郎さんとも自撮らせていただきました。ちょうど、雑誌@プレミアの特集で(音楽についてのかなりインテレクチュアルな特集が多い)、彼の「鬼ヶ島」をpick upしていたのでした。








 
湯山玲子公式サイト © 2011 DheTemplate.com & Main Blogger . Supported by Makeityourring Diamond Engagement Rings