Powered by Blogger.
 
2018年5月23日水曜日

2018年5月23日

私からも。私自身を主人公にした政治経済を考えるとき(このスタンスは基本中の基本ですが)、非常に近い感覚を持っていられる、と常々思っていた橘玲さんとの対談が実現。

橘さん、顔出しNGなので私ばっかり写っていてご容赦なり。こんなにも「みんないっしょ」の強迫観念が強い日本で、「それが心の底から嫌」というセンスを持ち得たのは、橘さんと私の世代だけだったのでしょうかね❓!

上の全共闘世代の「刃向かう」カッコよさを教わり、しかしながら、そのスタイルが目的化してしまった彼らと違って、「刃向かう」ことの目的を、自分の人生の充実というリアリズムに求める点において、私たちは似ていた、のでした。

https://toyokeizai.net/articles/-/220215
 
湯山玲子公式サイト © 2011 DheTemplate.com & Main Blogger . Supported by Makeityourring Diamond Engagement Rings