Powered by Blogger.
 
2018年6月17日日曜日

2018年6月17日

えーと、改めまして。毎日新聞の名企画、親子の日、ブルース・オズボーン氏によるポートレイト&インタビューに親子共々出演しました。

ホントに我が家、親子の交流が薄く、私が実家に泊まるのは、吉祥寺あたりで飲んで終電を逃したときぐらい、っていうんだから、どこの大学生かよ! という話。なので、こういう企画で親孝行の損益をこの際、一気に完済だ!!!!

思い起こせば、父と過ごした子供時代。けっこう、ハードコアな毎日でした。なぜなら、「ウチは普通の家と完全に違うので、これを世間に隠し通さねばマズい」状態だったわけですよ。

アーティストというのは表現という光の一方で、影も強いわけですが、その影の強度に圧倒され続けた子供時代だったといえますな、私は。

頭も良く、自分のことしか考えない(作曲含む)強烈な個性とともに生きていくには、忖度も含め、毎日が自分の欲求ブレゼンとコミュニケーションのスキル道場なわけですよ。もはや、口が立たないと、生きていけない決死のスキル。

なわけで、昨今話題の「危機管理学部」は、まさに湯山家の教育じゃねーか、と思ったりもして。

カッコいいリード文の実情はと申しますと、「常に議論」は「常に自分(昭)を凹ませたヤツの悪口」、「分析」は「そいつをギャフンと言わせるための戦略会議」、「自立」は「依存しようにもする相手が相当ヤバいので仕方なく」ということっす。

とはいえ、湯山昭の音楽は、親子関係は別として、ホントに彼の曲は素晴らしい。あの。メロディーと和声のセンスがあれば、もし、彼が同時代のアメリカに生まれていたら、映画音楽、ポップス界の大作曲になれたと思いますもの。バート・バカラック的な、ね。

童謡や合唱曲、ピアノ練習曲の分野で成功した人ですが、その枠と敷居が本当にもったいない部分があり、ちょっとこれから、いろいろ画策中。

親孝行という名の冥土の土産、っつーことです。

https://mainichi.jp/articles/20180617/ddm/010/040/021000c


 
湯山玲子公式サイト © 2011 DheTemplate.com & Main Blogger . Supported by Makeityourring Diamond Engagement Rings