Powered by Blogger.
 
2018年6月26日火曜日

2018年6月26日

ブルガリアは、バルカン山脈などに囲まれ、実は温泉天国。しかし、ブルガリア人の温泉感はジャスト治療、という目的が主でレジャーという色合いは薄い(コーディネイターのソニャちゃんの弁)のだそう。

「現地で必ずサウナかスパに入って、裸の付き合いを始める」という、湯山海外旅行の鉄則wwwに従って、今回はVarshetsヴァルシェッツというところの「Medicusメディクス」というスパリゾートホテルに立ち寄りました。

外のプールは水温24度で気温も低いので、誰も泳いでおらず、広いプール独り占め。何組かの夫婦に「寒くないか」と聞かれつつ、泳いでいたら、そのうちの何組かが泳ぎ参加。日本でもそうなんですが、こういう「客を呼んじゃう」ケースが私の場合割と多いのだ。

室内は温水プールとジャグジー。ジャグジーが日本的に「いい湯加減」なので浸かっていたら、バーサンが二人入ってきました。一人が英語づかい(ブルガリアでは珍しい)だったので、いろいろとおしゃべり。ダンナをおいて女友達二人で遊びに来たそう。日本ではよくある風景ですが、こちらでは珍しい。そう言ったら、「本音ではこっちの方がラク」と言っておりましたぜ。

 




遡って、民族音楽フェスですが、やっぱり全ての音楽にバックビートが強い。四つ打ちの一白に三連音符のタタタ、タタタが入っていくタイプが最近のエレクトロが入った流行歌の基本のよう。

輪になって、ステップを踏む踊りである「ホロhoro」。みなさんが気軽に盆踊りのように参加するのですが、そのステップは地域やリズムによって千差万別。ソニャちゃん情報によると、学校での体育の時間にガンガンにに習うらしく、みんなが踊れるのだそう。

マーケットもたくさんでていて、そこで購入したのは、男性の幾何学刺繍が可愛いパンツ。現地のハーブを使った民間漢方薬みたいなお店が出ていて、店の人に相談して疲れに効く「滋養強壮剤」を購入。

ステージで繰り広げられていたのは、伝統的な様式に従ったリアル結婚式で、市長も民族衣装を着て祝辞を述べていました。こりゃ、絶対に離婚できないわな。草原にラグをひいてその上で宴会する形式も再現。

というか、美人が多い!!!!







でもって、またしても「海外において出会いの引きが強い」と言われる私のブルガリア版が発生。Koprivshtitsaコブリフシュティツァ(超発音が難しい)という、ソフィア東部、バラの谷近くの職人と貿易で栄え、ブルガリア解放運動の発生地になった村に言った時のこと。

木造の歴史的建造物の街並みが美しいこの町の教会で、ちょっと中を見せてもらおうと僧侶に声をかけたら、その彼が人懐っこくて、「ミサの音楽に感動した」話をしたら、なんとその場で祈りの歌を唄ってくれたのです。

彼(その名もボコミールwwwニックネームはブギwwwww)は土地の顔役らしく(当たり前か)、気がつくと市長が花束をもって現れて、その流れで(どういう流れだ!!!)横にある接待所(可愛い!)で、ラキヤという伝統的な果実酒をガン飲みするハメに!!!

この際だから、ミサとブルガリア正教会についてのナマの話が聞けるチャンス、と、早速インタビューを始めたのですが、出てくるのは、自分の神学校時代の「悪ガキ列伝」ばっかwww。

なんでも、学生時代自分の町に、修学旅行団体が来て、その美人の女性教師と仲良くなって、飲みに言って、ホテルにしけこんだところ、神学校では大騒ぎになった話とかねwww。カトリックと違って、寛容なんですね、と言ったら、「カトリックだって同じもんだよ」と言ってましたけどね。

見せていただいた、ミサ曲の楽譜は4線のネウマ譜よりも素朴な、線と点だけのもの。これで8声までが記譜され、コーラス隊の面々はこれを歌うのだそう。

感心していたら、なんと、その今使用中の楽譜本をプレゼントされることになり申した!!!

一方、喧嘩の強そうな市長さんからは、日本の市町村と姉妹都市になりたいオーダーをいただきました。岡山の新庄村に話してみようかな。いや、これをご覧の地方再生仕事を行ってるみなさん、どうでしょ。



 
湯山玲子公式サイト © 2011 DheTemplate.com & Main Blogger . Supported by Makeityourring Diamond Engagement Rings