Powered by Blogger.
 
2018年7月28日土曜日

2018年7月28日

数年前から恒例になっている、誕生日に両親にごちそうする会を今回は、東郷神社の緑の借景が夏気分充分のにて。

で、いつも珍奇なアクセサリーや服、スカーフなどを誕生日ブレゼントにくれるのですが(私が好きそうだ、と思って見立てていただくのは良いんですが、「ご出身はどちらのベルサイユ、もしくはアフリカですか?!」系になること頻繁なり。しかーし、今回はなんと書画骨董。

そう、与謝野晶子の直筆短冊額装入り!!! 昔から浮世絵趣味のある人で、最近またその熱が賦活しているらしく、古書店で見つけたらしい。

劫初より つくりいとなむ 殿堂に われも黄金の
釘一つ打つ

これ、与謝野晶子の芸術家宣言というかなりストレートな句でして、この「美」に関する絶大なる信頼と確信が、釘を打つ、というカーンとしたパワーとともに伝わってきます。

まー、人生、これからもガンガン釘を打ち続けるべし、という意とともに床の間に(無いけどね)飾らせていただく次第。


 
湯山玲子公式サイト © 2011 DheTemplate.com & Main Blogger . Supported by Makeityourring Diamond Engagement Rings