Powered by Blogger.
 
2018年8月26日日曜日

2018年8月26日

週末は、水曜夜レギュラー出演のMXテレビ『ばらいろダンディー』の同僚である、遠野なぎこちゃんのお芝居を観に博品管劇場に。演目は『しあわせの雨傘』。これ既視感あるな、と思ったら、フランソワ・オゾン監督がカトリーヌ・ドヌーブを主演に据えてつくった映画の舞台版でした。地方の傘メーカーの社長が組合の突き上げと体調不良で退陣を喰らって、つなぎで社長職についた主婦が、みるみる才覚を現すという、胸のすくヒロインもの。

主演は賀来千香子。遠野ちゃんは、退陣社長の秘書兼愛人役。マジメ一筋だったのにボスのお手つきになっちゃって、愛人の分は守りつつも虎視眈々という感じを、じっとり方向ではなく軽快に演じているところにびっくり。生番組における彼女の感情ブチ切れぶりを見ている身にとっては意外なのですが、それもまた、女優の演技ってことだな。日本にはなかなか存在できない、コメディエンヌの方向、ありありです。

ご一緒したのは、これまたバラダン同僚の梅宮アンナちゃん。彼女と行くなら、これはもうホテルオークラしかねえな、っていうんで(もちろん、お父様の血脈からの発想である)、『ハイランダー』でモヒート。おっとりした人だと思いきや、語ってくれたそのエピソードは「刃向かうオンナ」そのもの。親のひいたレールに身の丈が合わないとなれば、即行動。

やんちゃもケタ違いで、かーちゃんのムスタングを廃車にして、辰兄いに胸ぐら捕まれた話なんか、リアル仁義なき戦いですよ。ていうか、梅宮家、気風が完全に自主独立。アンナ嬢、砂漠での鉄人レースにひとり参加したりの冒険スピリッツも含め、かなりの人物!!! 私の体重がもうちょっと絞れたら、一緒に走るなり。


 
Read more...
2018年8月22日水曜日

2018年8月22日


8/31(金)気鋭の政治学者、藤井達夫さんの新刊『平成の正体』(イーストプレス)リリースにちなんで、対談に呼んでいただきました。

で、名古屋新幹線+ホテルベッドクショで読み込んだのですが、これ、この数年、政治的立場の確立に試行錯誤している(コメンテーターですからさ)わたくしにとって、ある種「たたき台」のような内容。

1960年代生まれで、普通に文化系教養を得た人間ならば、リベラルというのは自動思考のようなものなのですが、その「自動」を自覚的にストップし、政治的立場を絶賛模索中な今、この著作に関してはたくさんの問いがあるのだ。

藤井さんが論述していない「平成の正体」を、藤井さんが言うところのネオリベの体現者としか思えない私が、語ってみようと思います。

みなさん、是非、お運びアレ。


http://bookandbeer.com/event/20180831/
Read more...
2018年8月20日月曜日

8/31(金)藤井達夫×湯山玲子 「女と平成」 『〈平成〉の正体 なぜこの社会は機能不全に陥ったのか』(イースト・プレス)刊行記念


藤井達夫×湯山玲子
「女と平成」
『〈平成〉の正体 なぜこの社会は機能不全に陥ったのか』(イースト・プレス)
刊行記念イベントに出演いたします。



出演 _

藤井達夫(政治学者)
湯山玲子(著述家)



時間 _

2018年8/31(金)
20:00~22:00 (19:30開場)



場所 _

本屋B&B
東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F



入場料 _

■前売1,500yen + 1 drink
■当日店頭2,000yen + 1 drink


詳しくはコチラから
Read more...
2018年8月14日火曜日

2018年8月14日

本日、アークヒルズで爆クラ!プロジェクトのサウンドシステムまわりの話を、アコースティック・リバイヴの石黒さんとした後に新宿。

ずーっと聴いていたのが、カウント・ベイシーオーケストラCount Basie の「Straight ahead」。もー、本当に夏の東京、高層ビル街になんとこの音がマッチすることか。プレイヤー全員が旋律を楽しんでる感ありありのグルーヴ、それらをクールに引き締めるドラムの硬いフィルインももの凄く必然性がある。いや、凄いバンドですわ。

トッティー部分の豪奢な響きは、たぶん、このジャンルしか持ち得ない美の塊。こういった音楽をバックに、踊る私を夢想しましたが、その妄想のお相手は、まごうことなく、先日お亡くなりになった津川雅彦さん(マルサの女の頃ね)。

洒脱でありながら、ブリミティヴ。表現とかでは無く、音楽を遊ぶという感覚。

https://www.youtube.com/watch?v=S5EIAWUuhBU
Read more...
2018年8月12日日曜日

2018年8月12日

大阪万博のシンボル「太陽の塔」の内部が復元保存され、今、予約限定制にて内部公開中。その内覧チケットを奇跡的にゲットしたので(猫町俱楽部の山本さんありがとう!)、言ってきたのが一週間前。写真を挙げただけで、もの凄い反応があったので、ここでちょいご報告。

円錐形の巨大内部には、「生命の木」と名付けられた、生物の進化の歴史が、根っこは単細胞生物系から、上は人類までが表現されている巨大構築物が展示されていて、観客はそのまわりをらせん状に歩きながら鑑賞するという仕組み。

びっくりしたのが、その「生命の木」の美的な存在感。これ系の巨大建造物ってややもすると、テーマパークにゴロゴロ転がっているただのモニュメントと思われがちなのですが、「生命の木」はそんなものじゃない。もう、完全にアート、彫刻部門の作品であり、作品のコンポジションだったり、曲線の美しさ、ディテールに心を動かされる類のもの。

ニキ・ド・サンファルの作品の大らかさと色彩にちょっとにているのですが、もっと重いものがありますねぇ。南仏の太陽ではなく、そう、この間の「災害級猛暑太陽」。

床ににょきにょき生えている深海植物を模したガラス彫刻なんか、アールヌーヴォとブリミティヴの合わせ技で、「欲しい」逸品。

内部の壁面は、富士山型の茶色い突起がウロコのように張り巡らせさていますが、それは何と音響のためのもの。ここ、当時は爆音で黛敏郎の『生命の讃歌』が流れていたためなのですよ!! そこまで、再現してくれればいいのに、現場の音量はかすかに聞こえるBGM程度。

こういうとこ、ダメだなあ! とぼやいたら、同行の音楽評論家の鈴木敦史クンが「当時、気持ち悪い、怖い、と子供が泣いたらしいんで、ソレじゃない?」確かに、黛音楽、だいたいどれも同じ(だから良いとも言える)の梵鐘レゾナンス系なので、分かるんですが、子供にこそこういう意識を広げる体験をしてあげた方がいいんではないのか?!

しかし、ここをリスニングと体感環境ともとらえてもいた、岡本太郎に脱帽。それって、実は爆クラ! のネクスト展開(現在、絶賛仕込み中)に非常に近いコンセプトなのですよ。

ちなみに、「彫刻」といえども、この「太陽の塔」お祭り広場に集った人々の導線だった、という証言が購入した図録に記されており、そこもまた、ちょっと、ベンヤミンの遊歩者の体験系。岡本太郎、チェックしていたかも。

https://www.youtube.com/watch?v=9nCAi-ytlPo

Read more...
2018年8月11日土曜日

2018年8月11日「東京湾花火大祭 2018 EDOMAE」

本日、行われる「東京湾花火大祭 2018 EDOMAE」で爆クラ! 湯山玲子名義でクラシックの選曲をしています。(19:58から10分間)
コラボしたのは、紅屋青木煙火店。すでに有料席は前売り完売みたいなのですが、お近くにお寄りの際は、ぜひ夜空を見上げて、耳をすましてください。

紅屋青木さんのとこといろいろ調整して整えた10分の選曲はというと、冒頭は、モーリス・ラヴェルRavel, Mauriceの交響組曲、 『ダフニスとクロエDaphnis et Chloé  第2組曲 夜明け』。これはまあ、夏の夜の海辺の心がざわつく官能性、ですよね。実は江戸がテーマってことで、古き良きウィーンを俯瞰でintoする同じくラヴェルの『ラ・ヴァルスLa Valse』にしようと思ったのですが、やっばありイントロを東京湾に響かせたいな、と。

中間部は、バルトーク、 『弦楽器と打楽器とチェレスタのための音楽Music for Strings, Percussion and Celesta第4楽章 アレグロ モルト』。そう、あの弦チェレ。ここは青木さんの花火のめくるめくようなフレーズ対応が見物なはず。

で、エンディングは「超のつく盛り上がりが欲しい」ということで、 オーケストラならではの「境地」を達成した、 マーラー『交響曲第2番Mahler Symphony no.2 復活 第5楽章』。

花火の音楽というと、みんなが知っているJPOPになりがちなのですが、今回はさすがに主宰者がクラブカルチャーまっただ中にいたSabi氏なのでサウンドシステム関係はバッチリでしょう。

市川海老蔵の舞×花火、のコラボも見物です。

https://www.tokyohanabi.jp/schedule/
Read more...
2018年8月2日木曜日

2018年8月2日

誕生日に浮かれていたら、人生初とも言える酷い喉風邪を引いてしまいました。この数日、ずっと喉が痛かったのですが、痛みが治まってきたと思いきや、突然、今朝起きたら声が出ない!!! マジで!!!

どうにか、名古屋の朝の番組「ドデスカ」をしのいで、急行したのは、湯山行きつけの天才鍼灸師源先生の「金のはり治療院」@内幸町。わたくし、腰痛、膝捻挫含め多くの疾患をここで治しているわけで、今回も皮膚を傷つけてガラスの吸い玉で血を取る「刺絡」をガッツリやり汚れた血をたっぷり出したのですが、夜の生番組MXの「ばら色ダンディー」と明日のNHK「ごごナマ」があるので、ここはもうひとつ西洋医学の即効性をかぶせるしかねぇ、っていうんで、近くの耳鼻咽喉科をネットで探して駆け込んだのが、「虎ノ門耳鼻科クリニック」。

で、それが結果。大成功だったんですよ。ほとんど、口コミテキストで判断したのですが、ぐるなびもそうだけど、コメントの行間を読む、っーかね。ここは上手いはず、というのがどんびしゃ。院長の金子先生、患者の話をじっくりと聞くというよりかは、先に手が動いて、いててて、という間もなく、喉に薬を塗られ、鼻に内視鏡をぶっさすわけです。

その手際は決して乱暴では無く、判断が速い、熟練の仕草なんですわね。それで内視鏡で我が声帯のイマの様子を見せてくれて、「声の出ない原因」と対処法、つまり投薬の役割をざーっと述べ立ててくれたのです。

で、今回、あと3時間後に迫った、バラダンの現場のために、ステロイド剤処方してもらったのですが、その成果あってか、どうにか乗り切れ一安心。ステロイド、即効性はあるけど、炎症にとってはマズい部分もあるので、スポット投薬ね、ということになり申した。

そして、現場でのこと。午後の紅茶無糖を飲んでいたら、声のブロである阿部アナからは、「お茶は水分を取っちゃうからダメ」ということで、ベットボトルの水にのど飴を溶かし入れるという、あべちゃん特製ののどジュースのご提案。とまた、これが抜群に効いたですよ。これ、みなさんも試してみて!

いやー、私は風邪は耳鼻科で治す派なのですが、もう、このクリニック、今後も伺う所存。鍼との合わせ技の虎ノ門、てなわけでした。

ちなみに、下のは山崎豊子原作の「白い巨塔」。この2003年、井上由美子の脚本と俳優陣の演技が素晴らしくて、元ネタの田宮二郎版が霞んじゃった桂作。
Read more...
 
湯山玲子公式サイト © 2011 DheTemplate.com & Main Blogger . Supported by Makeityourring Diamond Engagement Rings