Powered by Blogger.
 
2018年7月27日金曜日

2018年7月27日


みなさん、わたくしの28歳の誕生日をお祝いしていただいてありがとう! (と毎回これ言ってますがww)。

映画『君の名は。』じゃないですが、「あの時、もうひとつの選択をしていたら今、どうなっていただろうか」ということは、歳と共に最も考えることではなかろうか、かと思うのです。

さて、みなさん信用しないかも知れませんが、私は大学一年の時に体育会ダイビング部に所属して、映画『海猿』並の超ハードトレーニングをこなしていて、その年の総潜水時間は確か部で1、2だったんですよ。(なのであのタイの洞窟事故の救出の凄さがよく分かる)そのまま、ダイビングのプロになっていたら、どうなっていたか、と妄想するとなかなか面白い。

さて、これからの人生ですが、今、筋トレもはじめていることですし、ダイビングを始め、テニス、ドラムなど、昔取った杵柄が復活しそう。ということで、大きく身体系が人生に蘇ってきそうな予感。

そういえば、レニ・リーフェンシュタールは、100歳でダイビング映画撮ってたしな。と、なぜだか、思考が海中冒険方向に持って行かれるのは、昨日観たインド映画『バーフバリ』のせいだぜ!!!

私の場合たいてい「もうひとつの選択」は、「やらないこと」の方。つまり、出かけた、出合った、読んだ、観た、聴いたというインプットを面白がる方なので、そっち方面に意図的に脳の行動快感回路を鍛えていったタイブなのですが、逆に「やらないこと」つまり、ブレーキと用心を多く選択していたら、果たしてどうなっていたか?!

「やらないこと」人生。しかしながら、それはそれで、もう見えている世界が違っていただろうし、自分の中で退化させてしまっている感覚や能力の方が花開いたかもしれませんよね。特に「やらないこと」でエネルギーをせき止め、それを爆発的にアウトプットできたとしたら、とも考える、28歳wwの夏。
 
湯山玲子公式サイト © 2011 DheTemplate.com & Main Blogger . Supported by Makeityourring Diamond Engagement Rings