Powered by Blogger.
 
2018年8月2日木曜日

2018年8月2日

誕生日に浮かれていたら、人生初とも言える酷い喉風邪を引いてしまいました。この数日、ずっと喉が痛かったのですが、痛みが治まってきたと思いきや、突然、今朝起きたら声が出ない!!! マジで!!!

どうにか、名古屋の朝の番組「ドデスカ」をしのいで、急行したのは、湯山行きつけの天才鍼灸師源先生の「金のはり治療院」@内幸町。わたくし、腰痛、膝捻挫含め多くの疾患をここで治しているわけで、今回も皮膚を傷つけてガラスの吸い玉で血を取る「刺絡」をガッツリやり汚れた血をたっぷり出したのですが、夜の生番組MXの「ばら色ダンディー」と明日のNHK「ごごナマ」があるので、ここはもうひとつ西洋医学の即効性をかぶせるしかねぇ、っていうんで、近くの耳鼻咽喉科をネットで探して駆け込んだのが、「虎ノ門耳鼻科クリニック」。

で、それが結果。大成功だったんですよ。ほとんど、口コミテキストで判断したのですが、ぐるなびもそうだけど、コメントの行間を読む、っーかね。ここは上手いはず、というのがどんびしゃ。院長の金子先生、患者の話をじっくりと聞くというよりかは、先に手が動いて、いててて、という間もなく、喉に薬を塗られ、鼻に内視鏡をぶっさすわけです。

その手際は決して乱暴では無く、判断が速い、熟練の仕草なんですわね。それで内視鏡で我が声帯のイマの様子を見せてくれて、「声の出ない原因」と対処法、つまり投薬の役割をざーっと述べ立ててくれたのです。

で、今回、あと3時間後に迫った、バラダンの現場のために、ステロイド剤処方してもらったのですが、その成果あってか、どうにか乗り切れ一安心。ステロイド、即効性はあるけど、炎症にとってはマズい部分もあるので、スポット投薬ね、ということになり申した。

そして、現場でのこと。午後の紅茶無糖を飲んでいたら、声のブロである阿部アナからは、「お茶は水分を取っちゃうからダメ」ということで、ベットボトルの水にのど飴を溶かし入れるという、あべちゃん特製ののどジュースのご提案。とまた、これが抜群に効いたですよ。これ、みなさんも試してみて!

いやー、私は風邪は耳鼻科で治す派なのですが、もう、このクリニック、今後も伺う所存。鍼との合わせ技の虎ノ門、てなわけでした。

ちなみに、下のは山崎豊子原作の「白い巨塔」。この2003年、井上由美子の脚本と俳優陣の演技が素晴らしくて、元ネタの田宮二郎版が霞んじゃった桂作。
 
湯山玲子公式サイト © 2011 DheTemplate.com & Main Blogger . Supported by Makeityourring Diamond Engagement Rings