Powered by Blogger.
 
2018年9月19日水曜日

2018年9月19日


【今回は長文】@反田恭平の全国ツアーの最終を聴きに、安室奈美恵ラストライブに沸く沖縄を訪れた週末のわたくし。なぜ、沖縄❓! 追っかけなのか、反田の。違う違う。サントリーホールでのコンサートの時間間違えでアンコールしか聴けなかったので、自分に責任を取る形で(なんのこっちゃw)来たわけです。

反田君、デビューから見てて、一緒にトリノのバッディストーニ録音も立ち会ったというもはや、「先代の中村勘三郎は初舞台から観てるしさ」状態なので、ベートーヴェンの3大有名ピアノソナタ「悲愴」「月光」「熱情」8と14と23を通しでやるという、ヒット曲トライアスロンかよ! というようなこの仰天プログラムは見とかなきゃダメ、というやつ。

初っ端は、ベートーヴェン「創作主題による32の変奏曲」。この曲は初めて聴いたのですが、ちょっとベートーヴェンの多彩さというか、底知れなさ、謎を含んだ異様曲で、運指訓練のようなパッセージのループ変化球がwall of sound(音の壁)のように展開するという、ひょっとすると時空を超えて、現代音楽やテクノにも通暁するセンスがあるシロモノ。もちろん、音の粒立ちというテクニックが要求されるのですが、そんな誰にでもわかる技術はさておき、反田演奏は、フォルテ、ピアノを超えたなんとも言えない「中庸感」(映画「ガタカ」の空の色を思い出した)という、非常に感性&環境的な音の時間を作り上げてしまっている。

本当にびっくりした。つまり、この譜面ヅラを奏でる動作から想像できる世界のその先を行っている、というわけですよ。この「スモーキー」な境地は私の中に在り、反田の中に在り、そして、ベートーヴェンの中に在った「感性の同種」。と言いつつ、この曲、彼にしてもまだその先の演奏がきっとある、と思わせられたわけで、正直、今までピアニストでこの曲を弾きこなせた人間がいるのだろうか、という話。誰がクラヲタの方、教えてくだされ。

こういった感覚は、彼が弾いてきた十八番のリストやラフマニノフからは感じられなかったもので、居住まいを正しつつ、聴いた次のピアノソナタ第8番ハ短調作品13「悲愴」。誰でも一度は聞いたことのある超有名なメロを持つ第二楽章ですが、逆にこの曲はその「あまりにも完成され、つまり、感動が約束されたメロのために、演者も聴き手も想像力を固定されてしまう」という高い山脈を残念ながら反田君も超えられなかった、という感じですかね。

いや、それほど「悲しいほどお天気」といった風情のあのメロは強力。どんな弾き手のニュアンスをも吸引してしまう、まるでブラックホールのような恐ろしい曲ですわ。あと、このソナタ全般に感じられた、彼の頭の良さの部分。つまり「評論筋がこの曲について評価のポイントになるであろう部分」をも視野に入れている「知将」ぶりが頭をもたげてきましたよ。

ネクストは、ピアノソナタ14番え嬰ハ短調作品57「月光」。これまた超有名な第1楽章ですが、ここでの反田は、大抵の奏者がその節回しと音色に超命をかけるはずのキモである右手のメロディを「置くだけ」という素っ気なさで、逆に左手のアルペジオにモノを言わせるという解釈表現。コレが単なる「切り口の提示」ではなく、この曲のメランコリーを超えた「鬱っ気」を表現していて見事。それよりも第二楽章の打って変わった世界が、私には新発見で反田はそこから、およそベートーヴェンからは感じられることがあまりない、稚気やダンディズム、つまりシャバっ気を引き出しているのですよ。

ということは何か❓
そう、私たちは反田恭平、という媒介者いや堀り師(digger)を通して、ベートーヴェンという作曲家のあまりにも多様な音の沃野を再発見している、ということになるわけです。というか、私のクラシック音楽家の評価は、上手く弾く、テクがある、は当たり前で、弱音やフォルテの表現力も同様、それらを下敷きに、作曲家の楽曲が隠し持っている「境地=エンライトメント」と同調できるかどうか、という点なのですが、反田君、すでにそこに手をかけ始めたのか、と。ちなみにそういう意味で、ベートーヴェンという作曲家は別格なんですけどもね。

そしてそして、本当にマジでヤバかった最終曲ピアノソナタ23番ヘ短調作品57「熱情」。
前述した「知将」ぶりをかなぐり捨てた、というか、多分反田の感性と曲調がバッチリ合った集中と自由、そして怒涛の一楽章。そして、ほーーーーんとに驚いた二楽章。この楽章、一と打って変わって、一小節に四分音符二つ(ちょっと符点も入るけど)の単純和音が繰り返されて変奏されるという仕掛けなのですが、この音色から私の脳が感じたのは、言葉にすると「日常」。と、これでもギリギリの言語化で、先程「32の変奏曲」で際立ったスモーキーな中庸感とも違う、本当に人々の普通の生活、そのものなんですよ。

小津安二郎❓ いいや違うな。アレは理想化された表現としての日常ですからさ。そう、私個人が人生の中で過ごしてきた平凡な時間そのものの質量がクル感じ。そこで、皆お気づきのように、ペートーヴェンって、人間賛歌と肯定の作家であること。その世界はここまであまねく透徹されていたのか、という驚きですね。ヒューマニズムの器がデカイ。そして、反田が凄いのは、打って変わって、アルペジオの激情バリバリの第三楽章のちょっとした和音の中に、第二楽章で鳴らした「日常の音色」をそこだけ色を落とすように加えてくるところ。これって、一流のDJがミックスでやる高度なセンスなのですが、なんといってもこちらはピアノという楽器の演奏の連鎖の中でソレをやっているわけで、凄いとしか言いようが無い。

ふ〜。こういうコンサート感想は書いとかなくちゃ。お気付きの通り(アゲイン)最初からラストまで、聴き手であるこちらの全身全霊が、音と遊び、集中した一夜でした。

反田恭平24歳。30代になる頃には、絶対、世界の反田になってるな。マジで。早く、海外のエージェントにレペゼンすべし。

で、アフターは沖縄料理を泡盛で楽しんだあと、なんとボーリング大会。湯山、下手すぎで憮然の巻。


 
 


Read more...
2018年9月14日金曜日

2018年9月14日

クラブカルチャー誌『Love Pa!』の編集長時代の部下編集者だった、金澤聡子さん。今や、科学者であるお父様の会社の中核として、九州でエコ土壌改良ほかの農業最先端をやっておられて、大活躍。そんな、金澤ちゃんと、オーガニックライフについて語ります。

彼女、クラブカルチャー→オーガニックに行った人なので、もの凄くバランスがいいんですよ。これからの農業は、これまでの「言われた通りを行う」のではなく、消費の現場を見据えたセンスが要求されてくるわけで、そこらへんを語るかなあ。
銀座三越にお寄りの際は是非。

https://www.mitsukoshi.mistore.jp/ginza/shops/women/contemporary/shopnews_list/shopnews09.html
Read more...
2018年9月13日木曜日

9/22(土)BPQCのある暮らし 『オーガニックな都市型ライフスタイルの楽しみ』 トークショー

イベントに出演致します。

【SPECIAL TALK SHOW】

■9月22日(土)

■銀座三越 9階 銀座テラス

「BPQCのある暮らし」をテーマとしたスペシャルトークショーを開催。



「BPQCのある暮らし/オーガニックな都市型ライフスタイルの楽しみ」

■時間:午後2時~3時

■登壇者:湯山玲子(著述家)/ 橋本彩子(料理家/フードコーディネーター)

詳しくはコチラから
Read more...
2018年9月5日水曜日

2018年9月5日

凄すぎましたよ。台風21号。明日水曜日のレギュラー、メーテレの『ドデスカ』のために前乗りで名古屋に入らなければならんのに、新幹線が動かない。夜になっても動かない。で、さっき動いて今、新幹線でこれを書いているわけです。

その膨大な待ち時間、何をしていたかと言いますと、明後日9月6日木曜日に行われる、題して「《カルメン ヤバいです! カルチャー文脈から見たオペーラトーク》のために、DVDでふたつの『カルメン』を観まくっていたのでした。(品川アトレのディーン&デルーカ、お世話になりました)

ひとつはカルロス・クライバー指揮、ウィーン国立歌劇場管弦楽団、カルメンがエレーナ・オブラスツォワ、ドン・ホセがブラシド・ドミンゴ、演出がフランコ・ゼフィレッリのやつでもうひとつが、ジェームス・レヴァイン指揮、メトロポリタン歌劇場管弦楽団、カルメンがアグネス・ヴァルツァ、ドン・ホセがホセ・カレーラスのやつ。

いやー、細かいことは、トークショーで話しますが、演出と音楽は圧倒的に前者。シノーポリの手つきは、あのご存じ前奏曲にすでに悲劇のキナ臭さを感じさせる冴えが抜群。ゼフィレッリも色調と構図のセンスと美意識が格段に高く、特にタバコ工場の女子工員達がタバコをくゆらせながら歌う群衆シーンは、男が怖がる女の快楽問題にまで一気通貫のカッコよさ。最初にそちらを観たので、後者のメットを観たときには思わず、ダサイ、と口走ってしまいましたよ。ちなみに、タバコのシーンは、安いミュージカル芝居みたい、なのだわ。

というわけで、メットの方はカルメンの出方も衣装もイメージもダメダメであらら、と思ったのですが、アグネス・カルメンが例の「ハバネラ」を歌った瞬間、形勢逆転。いやー、アグネス・ヴァルツァ、天才だわ。凄いときの、美空ひばり、中森明菜、ちあきなおみ、役者の表情で言うなら、『こわれゆく女』のジーナ・ローランズまで入っているじゃありませんか!!!

どう見ても「魔性の情熱モテ女」のルックスに欠ける(これは衣装のセンスの悪さも大いにあります)ヴァルツァが、このド頭の一曲だけで、カルメンという女の全てを現してしまうという凄さ。ホセのカレーラスも「顔だけ良くてイモっぼい」アルアル感がその美声の端正さとともにハマっていて、ホント、この二者の関係と力だけで、舞台が完成してしまうという、オペラという表現の独特の境地が見えて面白いんですわ。

それにしても、やっぱりカルメンとホセの逢瀬シーン、第5幕は、曲も展開もセリフも凄すぎる。

「カルメン」。初心者にぴったりなどという、安易な位置づけで分かった気になってはイカン、という芸術上の大名作ですよ。もうすぐ来日する、ブルガリア国立歌劇場の「カルメン」は、もっとアブストラクトなまるで能舞台のような演出で攻めていました。

いろいろ語るので、是非お運びアレ。

https://www.japanarts.co.jp/news/news.php?id=3467
Read more...
2018年9月4日火曜日

9/6(木)《カルメン》トークイベント

トークイベントに出演いたします。
対談ゲストとして日本公演《カルメン》指揮者の原田慶太楼さんが登場します!!

湯山玲子による《カルメン》
ヤバいです!カルチャー文脈から見たオペラトーク
  作曲家ビゼー、ポール・マッカートニー説。
  三角関係の現代性
  ジェンダー問題。「カルメン」悪女は不幸になるという女の呪い
  ドン・ホセに見る男のずるさ。

日時:2018年9月6日(木)19:30スタート (19時受付開始)
場所:恵比寿 アート・カフェ・フレンズ
   〒150-0022
   東京都 渋谷区 恵比寿南 1-7-8 恵比寿サウスワンビル B1F

入場料:予約申込み ワンドリンク付 2,000円 / 当日参加 ワンドリンク付 2,500円

詳しくはコチラから
Read more...
2018年9月3日月曜日

9/20(木) 爆クラ!<第73夜> 『いい音って何だ?! オーディオ達人と語る音響の正体』

クラシック音楽の新しい聴き方を提案する、ポストクラブ時代のトーク&リスニングイベント爆クラ! 9月20日(木の第73夜は、初の音響ハード部門にアプローチ。世界で数々の賞を受賞し、アジア各国で「音神」と呼ばれている、オーディオ・リヴァイヴの石黒謙さんの登場です。

予約はこちら↓
http://mameromantic.com/?p=60149

クラシック音楽は生音が命。しかし、その一方でレコード、CD、ハイレゾ録音など、エジソンが蓄音機を発明した昔から、録音再生芸術としても一大潮流があるジャンルです。
蓄音機から、真空管、そしてアナログにデジタル信号、音にうるさいファンのあくなき欲求に答えてその方式は進化し、アンプやスピーカーなどの出力、録音現場でのノウハウなどが歴史とともに蓄積されて来ているのが今現在。

誰もが皆、音楽をいい音で聴きたいと思い、音楽マニアは、いい音にこだわりますが、実際それがどういうものなのか、といえば、実はかなり曖昧なものなのです。いい音の一般的な形容詞に「クリア」というものがありますが、磨き上げられて澄んだ大吟醸よりも、純米の方がわたしゃ好きだね、ということもありますからね。


ということで、今回は音響のプロ中のプロに登場いただき、「配線を変えるだけで、こんなに音が変わってしまう」や「録音の仕方で曲の印象が全く違ってしまう」という実験などを通して、「いい音」の輪郭を探っていこうという試み。逆に音響時代から見たときのクラシック音楽のあり方などの業界事情、オーディオ最先端、そして、自宅を極上リスニングルームにする秘訣などの、お役立ち情報などにも触れていきます。


実は、石黒さんは、爆クラ! の本拠地『晴れたら空に豆まいて』にサウンドシステムを提供貸与し、日本一音響のいいライブハウスにした張本人。江ノ島水族館で一昨年末行われた、爆クラ! 出張版の時も、備え付けの機材整備し、マジックのように音を響かせていただいたことに、湯山は驚愕したわけですが、実は石黒さんと組んで、この冬に未だかつてない、爆クラ ! の「音楽会」を仕込んでいる最中なので(情報は近日発表)、そのあたりの話も盛り込んでいく次第。

音楽の聴き方にまたひとつ深みが加わる、刺激的な一夜になるはず。

ぜひ、お運びあれ。

湯山玲子
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++



爆クラ!<第73夜> 『いい音って何だ?! オーディオ達人と語る音響の正体』
9月20日(木)
door open 19;15 start 20:00

場所 : 晴れたら空に豆まいて【東急東横線代官山駅正面口徒歩2分/東京都渋谷区代官山町20-20 モンシェリー代官山B2 T. 03 5456 8880 F. 03 5456 8881】
http://mameromantic.com/?p=57125

前売り 3000円 / 当日 3500円 + 1D 600円 学生 前売り 1500円 / 学生 当日 2000円 +1D 600円

■ 入場は整理番号順
■ 要別途1ドリンク代金600円
■ 会場は畳敷き(椅子席あり)

メールでのご予約
電話でのご予約
予約はこちらから
http://mameromantic.com/?p=60149

ゲスト

石黒 謙 (アコースティック・リバイヴ ACOUSTIC REVIVE)
いしぐろけん
日本を代表するオーディオケーブル・アクセサリーメーカー。その製品は世界各国で高い評価を受けており、フランスの音楽誌diapasonにおいて三度の金賞に輝いた。創始者である石黒 謙はアジア各国で「音神」と呼ばれ、独自の音質向上術により世界最大のオーディオイベントであるドイツミュンヘンハイエンドショーにおいて関与したブースを450社中最も音の良いブースに与えられるベストサウンドアワードに3年連続で導いた。
石黒氏の音響調整技術はオーディオに留まらず、大手レコードメーカーのスタジオやライヴハウスの音響調整など多岐に渡る。今や日本一音の響が良いライブハウスとして知られている代官山の「晴れたら空に豆巻いて」のサウンドシステムは、アコースティックリバイヴのもの。


主宰·ナビゲーター
湯山玲子
ゆやまれいこ
著述家、プロデューサー。現場主義をモットーに、クラブカルチャー、映画、音楽、食、ファッション等、博覧強記にセンスが加わった独特の視点にはファンが多い。 NHK『ごごナマ』、MXテレビ『ばらいろダンディー』レギュラー、TBS『情報7daysニュースキャスター』などにコメンテーターとしても出演。著作に『女ひとり寿司』 ( 幻冬舍文庫 ) 、 『クラブカルチャー ! 』( 毎日新聞出版局 ) 『女装する女』 ( 新潮新書) 、『四十路越え ! 』( 角川文庫 ) 、上野千鶴子との対談集「快楽上等 ! 3.11 以降の生き方」 ( 幻冬舎) 。『文化系女子という生き方』 ( 大和書房)、『男をこじらせる前に』(kadikawa文庫) 等。ク日本大学藝術学部文芸学科非常勤講師。(有)ホウ71取締約。クラシック音楽の新しい聴き方を提案する爆クラ! 主宰。父は作曲家の湯山昭。
Read more...

2018年9月3日

爆クラ! 9月20日(木)は、初の音響専門家の登場です。晴れ豆のスピーカー提供をはじめ、世界の名誉ある音響アワードの数々を受賞。アジア各国で「音神」と呼ばれている、石黒謙さんの登場です。

「オレ、アタシ音にはうるさいよ!!」という音楽好きはたくさんいますが、その実体が暴かれる時がやってきた!!!
この世界、大変にグルメの世界と似ているのが面白いところなのですが、いろいろ実験をしてみたりするので、理科系ハートの持ち主は是非。


http://mameromantic.com/?p=60149
Read more...
 
湯山玲子公式サイト © 2011 DheTemplate.com & Main Blogger . Supported by Makeityourring Diamond Engagement Rings