Powered by Blogger.
 
2019年1月14日月曜日

2019年1月14日

youtubeサーフィンしていたら、スティーリー・ダンSteely Danのインタビュー映像を発見し、メシも忘れて観入ってしまいました。思えば高校2年の時、吉祥寺のロック喫茶「赤毛とそばかす」で、彼らの「Likki don't loose the number」を聴いて「何じゃこりゃあ?!」状態になってハマったSD、彼らのスタジオミュージシャン多用の完璧主義者ぶりはもちろん、本で読んで知っていたのですが、実際に音を彼ら自身が分析しながら語る&当時のブレイヤーの証言、は面白すぎ。

特に『Peg』。ジェイ・グレイドンのスチールギターを髣髴させるソロに至までのボツトラックのダメさ加減(とは言っても、フツーそうなるよな的な悪くないソロ)の数々とともに、あの曲調にあの和音と音色をぶつけた、グレイドンの何というクリエイティヴなことよ! とともに、その「音」が来るまで、ブレイヤーを変え続けた、SDの妥協知らずの姿勢に脱帽なり。

今、妥協知らず、といい、彼らは「完璧主義者」とも言われるのですが、そこに音楽ジャーナリストのひとりが面白いことを言っています。「完璧のその上なんだ。何度聴いてもスームスで自然で、まるで心地よいファーストセッションのように聞こえる境地を目指したんだ」というあたり、これ、クラシックにも言えることなんですよね。

同様に、シカゴブルース風の「Home At Last」におけるバーナード・パーディーのあの複雑三連シャッフル誕生のゆえんに超感動。ただのシャッフルは止めてくれ、というオーダーにこのファンキーとレイドバックの合わせ技を即座に繰り出す才能の凄さですよ。

「Aja」は、丘の上から俯瞰とクローズアップして始まる「組曲」ですが、このアイディア、モーリス・ラヴェルの「ラ・ヴァルス」と同様。そう、SDと管弦楽の魔術師であるラヴェル、本当に美意識とセンスが似ている。SDはニューヨークやLAの、ラヴェルは古き良き時代のウィーンの郷愁という、過去の残像をモチーフにしているところも同じ。そして、ワタクシは本当にこういう音世界が好きなのです。エスティティックとセンス、ね。もちろん、これが無い音楽にも凄いヤツはいっぱいあるんですが、好物はこっち。

https://www.youtube.com/watch?v=mHVHSUXBhk4&fbclid=IwAR3mwnTB2zCXcCHcN7KxWRxR1e0cj0jH4mLNhsu1mPd99jobUzwfZvJq7ig


さて、週末聴きに行ったのは、NHK交響楽団。指揮ステファヌ・ドゥネーヴStephane Deneveでブログラムは、ルーセルの『バッカスとアリアーヌ』もサン・サーンス「チェロ協奏曲第1番 イ短調 作品33」、ベルリオーズ「ローマの謝肉祭」、レスビーギ「ローマの松」という、まさに、スティーリー・ダン的な色彩と音響と和声の妙がキモの楽曲たちだったわけですよ。

それでもって、フランス近代モノを得意とするドゥネーヴは、まさにワタクシがこの前のテキストで紹介したスティーリー・ダンの「完璧のその上。スームスで自然で、まるで心地よいファーストセッションのように聞こえる境地」を創りだしていましたぜ。

特に、レスピーギの「ローマの松」。これ、どうしても「アッビア街道の松」あたりで、劇的に重くマジメにいきがちなのですが、彼のソレは、何だか幽玄のようにスモーキー。「バッカスとアリアーヌ」のユーモアや、ベルリオーズの滑稽さなど、クラシックではあまりこのセンスを出せる人がいないところに才能発見なり。いやー、この演奏、凄く好き!!!

https://www.youtube.com/watch?v=qhdaXfa55kY&fbclid=IwAR19D94-33IMCfBsGJvDKmL_dS3QevFt9wWkuGcaUypuog-rH1lyvZSV3p8

映像はブリュッセルフィルのドゥネーヴさまによる、バッカス。スィングしているでしょ?
Read more...
2019年1月11日金曜日

1/21(月)爆クラ!<第77夜> 「Opus Oneに集う20代の才能5人が解く クラシックのジレンマ」

クラシック音楽の新しい聴き方を提案する、ポストクラブ時代のトーク&リスニングイベント爆クラ。 1月21日(月)は、 次代のクラシック界を担う若手アーティスト限定の新レーベル、Opus Oneのローンチ前夜、そこに集った若手演奏家達に集まってもらいます。チェロの笹沼樹(24)、ヴァイオリンの石上真由子(27)、ピアノの古海行子(20)、ソプラノの鈴木玲奈(29)、ギターの秋田勇魚(24)と語りそして聴き尽くす、爆クラ版「クラシックのジレンマ」。

予約はこちら↓
http://haremame.com/schedule/65568/

ところで・・・・。このアーティスト写真カッコいいでしょ? 実はこれ不肖私メがビジュアル・スーバーバイザーを担当し、イメージを作り上げたもの。ポピュラーミュージックでは、すでに当たり前の行程なのですが、クラシック音楽ではほとんどきちんと行われることがなかった部分です。

そこから、キチンと組み立てる、というレーベルの姿勢は、今後少子高齢化を迎え、今までクラシックを支えてきた文化的中産階級が大きく目減りすることが考えられる状況に先手を打つ、ことの1つの現れ。

これだけ表現が世の中に溢れ、シビアな時代にクラシック音楽の演奏家として、自立して、演奏活動をやっていくと決め、うるさ方(マジで)のディレクター達の触手に引っかかった5人。

NHKの人気トーク番組のタイトルを拝借したとおり、彼らに語ってもらうのは、クラシック界の明日はどっちだ?! 彼らが学んできた環境、クラシック音楽観、時代性、コンクールについて、などなど。だってですよ。彼らが演奏活動をしていく未来は、かつてのように演奏家はちょいと外のコンクールで賞に輝き、また輝かなくとも留学して経験を積んで、日本に戻ってくれば、学校関係のポストや弟子を取って教えたり、演奏活動がそこそこできるという、中産階級の人口数に支えられた経済圏が消滅した世界なのですから。

メンバーを簡単に紹介すると、特にヴァイオリンの石上真由子さんは、私としても長岡京アンサンブルを聴きに言ったときに「なんじゃ、こりゃあ」と注目していた人だけに、膝を打った人選。ピアノの古海行子さんは、最近の映画で言うとルカ・グァダニーノ監督の作品並みにユーラシア的な狂気とパッションがあるし、ソプラノの鈴木玲奈さんは、軽快でキラキラしたコロラトゥーラの華がある。ギターの秋田勇魚君は、しとやかな情感と映像的な音空間作りが上手いし、チェロの笹沼樹君は、スケールの大きい音像と楽器を華やかに歌わせる心ある演奏がナイス、なのです。

ということで、最近の爆クラ名物である、ミニコンサートも企画中。(どんなブログラムにしようかなと考え中・・・)

2019年最初の爆クラに、是非、お運びあれ。

マジで初モノって感じで!!

湯山玲子

1月21日(月)
爆クラ!<第77夜> 「Opus Oneに集う20代の才能5人が解く クラシックのジレンマ」
door open 19;15
start 20:00

場所 : 晴れたら空に豆まいて【東急東横線代官山駅正面口徒歩2分/東京都渋谷区代官山町20-20 モンシェリー代官山B2】
T. 03 5456 8880 F. 03 5456 8881
http://haremame.com/#access

前売り 3000円 / 当日 3500円 + 1D 600円
学生 前売り 1500円 / 学生 当日 2000円 +1D 600円

■ 入場は整理番号順
■ 要別途1ドリンク代金600円
■ 会場は畳敷き(椅子席あり)

メールでのご予約
電話でのご予約
予約はこちらから
http://haremame.com/schedule/65568/

ゲスト

笹沼樹(チェロ)
ささぬまたつき
ARDミュンヘン国際コンクール弦楽四重奏部門第3位。ソロでは東京音楽コンクール第2位、 日本音楽コンクール入選。室内楽奏者としても横浜国際、ルーマニア国際、ザルツブルク=モーツ ァルト国際などのコンクールで優勝。 桐朋女子高等学校音楽科を首席卒業後、桐朋学園大学ソリストディプロマコース修了、並びに学習院大学文学部卒業。現在、桐朋学園大学大学院に在籍中。2017年6月に開催した リサイタルは天皇皇后両陛下をお迎えしての天覧公演となった。V.アダミーラ、古川展生、堤剛の 各氏に師事。カルテット・アマービレ、ラ・ルーチェ弦楽八重奏団のメンバー。

石上真由子(ヴァイオリン)
いしがみまゆこ
第77回日本音楽コンクールにてヴァイオリン部門第2位、併せて岩谷賞(聴衆賞)、E・ナカミチ賞を受賞。佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラにてコンサートミストレス。
2010年、大阪のザ・フェニックスホールでリサイタル。11 年、兵庫県立芸術文化センター大ホール(2001席)で1日2回公演のリサイタル。NHK-FM『名曲リサイタル』出演。第7回ルーマニア国際音楽コンクールにて弦楽部門第1位及び全6部門を通じての最優秀賞、コンチェルト・デビュー賞受賞。第14回チェコ音楽コンクールヴァイオリン部門第1位受賞第1回バルトーク国際ヴァイオリンコンクールにて特別賞受賞。京都府立医科大学卒、医師。

鈴木玲奈(ソプラノ)
すずきれいな
東京音楽大学声楽演奏家コース及び同大学院を共に首席で修了。
第86回日本音楽コンクール声楽部門第1位。第49回日伊声楽コンコルソ第3位。第15回世界オペラ歌唱コンクール「新しい声2013」アジア代表など多数受賞。日生劇場でのオペラ「後宮からの逃走」ブロンデ役をはじめ、「ラ・ボエーム」ムゼッタ役、 歌劇「BLACKJACK」彩香役などを演じ、歌唱とともに大胆な演技力で好評を博す。オラトリオのソロも多数務めるほか、国内外でますます活躍の場を広げている。ミュンヘン、ウィーンにて研鑽を積む。

古海行子(ピアノ)
ふるみやすこ
第4回高松国際ピアノコンクール優勝、5つの特別賞を受賞。第40回ピティナピアノコンペティション全国決勝大会G級金賞、コンチェルトB部門第1位。第20回浜松国際ピアノアカデミーコンクール第2位、ショパン国際ピアノコンクール in ASIA アジア大会高校生部門金賞等数々のコンクールで受賞し、国内外で演奏活動を行う。昭和音楽大学ピアノ演奏家コース3年、同附属ピアノアートアカデミー在籍。江口文子氏に師事。

秋田勇魚(ギター)
あきたいさな
7歳よりギターを村治昇、高田元太郎、ジェレミー・ジューヴに師事。同時に大萩康司、福田進一等国内外多数のギタリストにマスタークラスを受講。国内主要ギターコンクールで優勝した後に、アルビ国際ギターコンクールにおいて優勝。台湾国際ギターコンクール審査員特別賞、イーストエンド国際ギターコンクール第2位及び聴衆賞受賞。2016 年ミスター慶應SFCファイナリスト。2017年より慶應 義塾大学を休学し活動拠点をフランスのパリに移す。現在パリ地方音楽院にてジェラール・アビトンに師事。

主宰·ナビゲーター
湯山玲子
ゆやまれいこ
著述家、プロデューサー。現場主義をモットーに、クラブカルチャー、映画、音楽、食、ファッション等、博覧強記にセンスが加わった独特の視点にはファンが多い。 NHK『ごごナマ』、MXテレビ『ばらいろダンディー』レギュラー、TBS『情報7daysニュースキャスター』などにコメンテーターとしても出演。著作に『女ひとり寿司』 ( 幻冬舍文庫 ) 、 『クラブカルチャー ! 』( 毎日新聞出版局 ) 『女装する女』 ( 新潮新書) 、『四十路越え ! 』( 角川文庫 ) 、上野千鶴子との対談集「快楽上等 ! 3.11 以降の生き方」 ( 幻冬舎) 。『文化系女子という生き方』 ( 大和書房)、『男をこじらせる前に』(kadikawa文庫) 等。ク日本大学藝術学部文芸学科非常勤講師。(有)ホウ71取締約。クラシック音楽の新しい聴き方を提案する爆クラ! 主宰。父は作曲家の湯山昭。
Read more...
2019年1月10日木曜日

2019年1月10日

2019年お初の爆クラは、次世代のクラシックを牽引するルーキーたちの新レーベルOpus oneに集った、20代の見逃せない才能たち5人が集結。反田恭平をブレイクさせ、日本のクラシック界に本気の実弾と結果を出してきている日本コロムビアの若きプロデューサーたちが、まるで、プロ野球のスカウトマンのように飛耳長目して見出した才能たちと、クラシック音楽をティーチ・イン!!!

ちなみに、彼らのビジュアル(服、ヘアメイク)などのビジュアルスーバーアドバイザーを担当したのは、このワタクシ。「見た目時代」の演奏家とは、などという話もでるはず。

もちろん、ミニライヴも予定してますよーん。

是非お運びアレ。

http://haremame.com/schedule/65568/?fbclid=IwAR3Rn5HWO8LX1TDueXZzUKi6Pv4RWzR4hFkiTOSmeo2il-QKRU4q5mcRsds
Read more...
2019年1月9日水曜日

2019年1月9日

新春初売りは明けて1時から。ショップチャンネルの湯山ブランド「OJOU」(オジョウ)始まりまーす!!!

今回のオススメ(全部がそうですが)は、タートル好きのワタクシが渾身の力を込めたポリエステル素材100バーセントのリブセーター。特に白は、もう「芸能人は歯が命」並に真っ白。冬の白はこれぐらいの輝度がないとイカンのです。グリーンも赤もいい。

あと、女子に実は難しいライダースジャケットは、ソフトレザーで軽快にしてみました。

写真はツイードのセットアップ。これもオススメ。ツイードのロングタイトスカートは、ありそうでなかった冬のトラッドモード。おバリのマダムの雰囲気で、着こなしてつかーさい。

みんな、観てねー。

https://www.shopch.jp/ProdDetailShow.do?reqprno=636142&prdil=prd_osu&fbclid=IwAR1kI2Df5uo3YnOhcxBkx6OBSSAp6j6_8mLKQVSJ8LhkBF7fyqi-1hVzB_Y
Read more...
2019年1月6日日曜日

2019年1月6日

本日、悪天候&さすがの膝関節不都合筋肉痛(ちょっと内側のスジ痛めたっぽい)によりスキーは断念。その代わりに、セルバン白雲館のアナログゲームオタク経営者アンド従業員男子3人、略してセルバンの3アミーゴスとゲーム三昧。

いやー、この世界、こんなに奥深いとは!!! 日本語大好きな外人ボブになって、日本語だけでカタカナ語を説明する「ボブジテン」、小さいハシゴを右手だけでダイスの目で決められたルールに従って、空中バランス建築を仕立てていく「キャッチ・ザ・ムーン」(3次元感覚の勝負!)、単語と自筆お絵かきの連想ゲーム「テレストレーション」と、初心者のワタクシをどうにかしてゲームの魅力に引きずり込んでやるぜ、という啓蒙意識に燃えた3アミーゴスのプレゼンは完璧で、さっきまでゲームに首ったけ。

真打ち登場のラストゲームは、業界にその名を轟かせているドイツ産の陣地取りゲーム「カタン」。いやー、これが抜群に面白かった。作者はクラウス・トイバー。無人島を複数の入植者たちが開拓していき、もっとも繁栄したプレイヤーが勝利するというテーマのゲームなのですが、資源の取り合いのフリー交渉や、7のダイス目が出たときに大暴れする盗賊などの仕掛けのバランスが異様に上手いんですよ。そう、何というか、人生のラッキー、アンラッキーのタイム感を生き写したような感覚。

思えば、今回の長野高山村の旅行。ワタクシが小学校高学年から中二ぐらいまで度ハマリしたゲーム(人生ゲームやルーレット、ポーカー、セブンブリッジ)とスキーとが、一変に人生に舞い戻ってきた感アリアリ。

帰ったら即、スキー用具買いだな。そして、絶対近々、再訪いたしやす。

 

Read more...
2019年1月4日金曜日

2019年1月4日

ピーカンの快晴。「原稿書いている場合じゃねえ」(本当に反省の色ナシだな! )ということで、スノーシュー(西洋かんじき)に初デビュー。北澤さん(美老人)の卓抜たるネイチャーガイドとともに新雪を分け入り、トレッキング。いやー、絶景かな。遙か彼方の山の中腹に武田の家紋の四つ菱のように見える岩のクラックがあると聞き、興味津々。

でですね。そんな中身体も温まり、横目でスキーやスノボをみているウチに、どうしてもやりたくなっちゃって、午後からはスキー参戦。いやー、最後にゲレンデに出たのは、2003年のアメリカは、西海岸のマンモススキー場だったはずで、あんなに学生時代狂ったように滑ってたことが信じれない状態だったわけですが、長年のブランクを経ても、ぜーんぜん大丈夫だった。身体ってちゃんと覚えてくれているんですね。

というか、この山田牧場スキー場、雪質とコース最高だわ。そう、このスビード感ですよ!!! このシーズン、絶対に何度かリピートする所存。かつて、ゲレンデを我が物顔で荒らしまくった(一升瓶を持って山頂で酒盛りとかもしていたんですわ)、同世代のババア連中にも声をかけてみるかな。西原さん、荒井さん、河合さん、よろしくです。

  

Read more...
2019年1月3日木曜日

2019年1月3日

本日の夕食は、例の"丸太くりぬき露天風呂"のロッジ、<レッドウッド>。風呂だけではなく、夕食のコースは、ホウボウのソテーや牛肉の赤ワイン煮込みが揃う本格的なもの。というか、地方のなんちゃってフレンチの枠を大きくはみ出たテイストに仰天。

そして、私のFBアップを見つけて、高山村でワイン造りをしている松本浩明さんが「僕のではなくたかやまワイナリーの白2016、2017のソービニヨンブランを飲んで頂きたいです!葡萄栽培者は生ハムの佐藤明夫さんので鷹野さんの醸造で素晴らしいワインになっています!」というので、その二本を届けてくれました。感謝!!!

さて、そのお味はというと、2017年は以前高山ワインに感じた、ソーヴィニヨンブランの猛々しさが、最初から暴れまくりどうにも、料理とのマリアージュが難しい。干し柿やミョウガの天ブラの甘みや風味にも、肉魚全部ダメ。しかしですよ、ちょっとおいてみた後、テイストに劇的変化。なんとも言えない滋味のある個性的な苦みが全体を覆い、これは? と思い再度持ってきてもらった、スモークチーズやビーフジャーキーにガッチリ合う。そう、この路線ならば、いぶりがっこや鮎の塩焼きに最適。いや、感動した!! ワインの面白さはこういうとこにあるよね。不安定の魅力、ツンデレの境地。

2016年はがらりと違って、バランスが良い。しかし、最終的にはその個性的な苦みが印象的。ということはさ、高山ワインの白、ソーヴィニヨンブランは、苦みとのマリアージュのみを追求していった方がいい。ということはテーブルワインとしては、かなり難しいわけですが、世の中にバランスの良いワインばかりなので、コレは売りになるぞ、と。熟女ブームを参考にしてほしいものだ。

 

Read more...
2019年1月2日水曜日

2019年1月2日

明けまして、おめでとうございます。ということで、去年のこの時期はベルリンでクラシック三昧でしたが、今年は例の12/1の爆クラアースダイバー倉敷児島篇で、精力を使い果たしてしまってので、ウチで断捨離だ、という話だったのですが(それも年末二日間でやりましたよ!  ええ、服の山に押しつぶされながら)、「つまんねーぞ」という心の声に従い、書き下ろしの書籍原稿執筆のために、頭をよぎったのが、映画『シャイニング』の吹雪の山荘。

事情通の嶋啓佑クンの手配により(素晴らしい!)、長野の雪深い高山村は山田牧場の<セルバン白雲館>http://cervin.jp/hakuunkan/index.htmlにロックオン。つーか、須坂駅まで車で迎えに来てくれた、若き社長、舘田淳さんによりますとこのホテル、社長を始め、従業員は皆ボードゲームマニア。いずれはここをその聖地に、との野望を旨に昨年買い取ったという話を力説され、ちょっとびっくり。

畳敷きの部屋に望み通り、机を入れて整えてくれたり、文化系のオタク青年たちが作務衣を着て、マジメに旅館業に邁進するシロート臭い姿にただただ涙。いやー、成功して欲しいなあ、っていうんで、よせば良いのに、またもアドバイス欲が!! いやー、手を付けるところはいっぱいある。だってさ、唯一売りになる、昭和山荘チックな喫茶コーナー(ここ、インスブルックのロッジを髣髴)を自分たちの仕事場にしちゃっているんだもん。

早速、明日はスノーシューのトレッキングを予約。大丈夫なのか、原稿! そして、明後日は、従業員のみなさんとボードゲーム、と、やっばり遊んでしまう私。その一方で、明日は、爆クラアースダイバー雪山篇のロケハンも兼ねるなり。

Read more...
 
湯山玲子公式サイト © 2011 DheTemplate.com & Main Blogger . Supported by Makeityourring Diamond Engagement Rings