Powered by Blogger.
 
2019年10月26日土曜日

2019年10月26日

どう考えても人類初の試みである、「オペラ文化系ホストクラブ ザ・レジェンド 恋の音楽会」からはや約1週間。いやー、いろいろイベントをやっておりますが、こんなに事後、SNSで盛り上がったのは初めて!

たいがいこういうイベント/コンサートというのは、理想の60%ぐらいの達成感なのですが、コレは120%でしたね。何と言っても、現場には、観客と演奏者との音楽を媒介とした幸福な一体感、そう、誤解を恐れず言えば「愛」という名のグルーヴが生まれていたからです。そう、そこにはこの私がクラシック業界に参入するのならば、是非、実現したい、「体感するクラシック。すなわち、クラブカルチャー的なクラシック」の現場があったのですよ(といっても、踊りませんけどねw)

私が掲げたコンセブトは、「現在の日本では、恋愛の現場は無い!  そもそも、夏目漱石からアイドルまで、絵空事の恋愛、が大好きな私たちの恋愛の現場は、もう、ホストクラブにしか無い」というヤツアーンド、この間やった「ベルばら舞踏会」同様、クラシック音楽の揺籃となった、ヨーロッパ宮廷サロン文化の現場再現。

サウンド的には、大劇場用のベルカント発声(しかも男声)を、至近距離で聴く、その大迫力。彼らが開場を動き回ると、まるで、スビーカーが移動するがごとくの音像がチ現れるのにびっくりしました。

「殿方とゴダールや河鍋暁斎なんかの文化的で知的な会話を楽しみたいワ」とお嘆きの淑女のために、投入した文化系素人ホストのみなさんも、大活躍でした。こんな遊びに付き合ってくれた、岸博幸、田中俊之、藤井達夫の大学教授陣、グラフィックデザイナーの山田秀幸、日本最大の読書会・猫町俱楽部主催の山本達也、クラシック情話誌ぶらあぼ発行元社長、大江貴志ら各氏のみなさん、そして、物品提供をしていただきました、NiNASさん、ありがとうございます。

というか、お客と素人ホストで、ヘルブの若いホスト君の進路相談に乗る、というような、「学生科か?」といった場面も多々あり、おもしろすぎ。これ実は、「女性を立てる、女性にサービスする」という文化が無い日本人男性にとって、得がたいレクチャーの場、だと確信。男を立てる女が褒めそやされるのが今の日本ですが、その逆が仕事上で必要になる時代はすぐそこ、ってことですよ。

アンド、過ぎらしい場所とホストさんとともに提供して下さった、スマッパグルーブ総帥の手塚マキさんに感謝。

オペラ男性ユニット、ザ・レジェンド。ご縁会って今、プロデュースを始めていますが、新曲も披露できたし、このツカミを持って、来年に突入する所存。「恋の音楽会」どうぞ、お見逃し無く。




 
湯山玲子公式サイト © 2011 DheTemplate.com & Main Blogger . Supported by Makeityourring Diamond Engagement Rings